手作りフードを与える場合の注意点

ペットフード

ワンちゃんも人間と同様、健康維持のために欠かせない5大要素があります。

愛犬にはバランスのいい食事を与えて健康寿命を延ばしましょう。

生育に必要な3大栄養素+α

タンパク質

体を構成する筋肉、骨、内臓、血液、これらすべての材料となるのがタンパク質です。

タンパク質には、植物性と動物性がありますが、犬は動物性タンパク質のほうが消化吸収しやすいといわれています。

動物性タンパク質としては、牛、鶏、豚、ラム、馬肉のほか魚が適しています。

脂質

脂質は犬が運動するためのエネルギー源になる栄養素で、少量でも強力なエネルギーに変わる効率のよさが特徴です。

また、細胞膜やホルモンの原料になり、体温保持の働きをするほか、内臓を保護したり、ビタミンの吸収を助ける働きもしています。

炭水化物

炭水化物は、糖質と食物繊維から構成されています。

糖質は犬が運動するエネルギーとして、食物繊維は腸の運動を活発にする働きなどをもっています。

かつて犬族は自然界では肉食を中心にしてきたので野菜は必要ないと思われがちですが、かれらは獲物の胃に残っていた植物も食べていたわけですから、やはり必要な栄養素であることに違いはないわけです。

ビタミン

タンパク質、脂質、炭水化物の3大栄養素がきちんと機能するようサポートする、重要な役割を果たす栄養素です。

ビタミン同様に3大栄養素の働きをサポートしますが、それに加えて歯や骨なのどの体の組織を構成する役割もあります。

犬は人間よりもミネラルの必要量の割合が高く、鉄、カリウム、カルシウムなど計12種類のミネラルが必要とされています。

栄養面を考えると、やはりドッグフードが最適

無添加フード「安心犬活」の申し込みはこちら

このように、ワンちゃんに必要な栄養はさまざまで、バランスも考えて毎日手作りフードを与えるとなると、かなりの困難が予想されますから、ドッグフードを主食にするのがベストだといえるでしょう。

犬に必要な栄養素がバランスよく配合されてつくられている「総合栄養食」のドッグフードであれば手軽に栄養バランスの整った食事を与えることができます。

ドッグフード以外を与えるときの注意点

それでもやはり手作りの食事を与えたいという飼い主さんもいると思います。

その場合の注意点についてお伝えします。

主食にしないこと

特別な知識がないと、栄養バランスの取れたご飯を毎日与えることは困難です。

犬の主食は「総合栄養食」のドッグフードを基本として、手作りおかずなど、ドッグフード以外の食べ物を与える場合は、分量に注意して「おやつ」や「トッピング」として食事量の10%以内に抑える工夫をしてください。

また、体調のよくないときにはおやつは控え、持病のある犬は、事前に獣医さんに相談しましょう。

味付けをしないこと

ドッグフード以外の食べ物を与える際は、砂糖やはちみつ、塩などで味つけすることは絶対にやめてください。

とくに注意したいのは塩分量です。

人間用に調理された食べ物は油や調味料を使っているため、肥満や病気の原因になるケースもありますよ。

分量を守ること

ドッグフード以外の食べ物を与える場合は、1日の摂取カロリーの10%以内が目安です。

その分は、ドッグフードの量を減らすようにしましょう。

また、犬が食べやすい大きさにして与えることもポイントです。

まとめ

「総合栄養食」のドッグフードには、子犬用、成犬用、高齢犬用などライフステージ別に分類されたものや、体型別に分類されたものがあります。

子犬と高齢犬では、必要な栄養素のバランスが違いますし、肥満傾向の犬については控えておきたい栄養素もあります。

愛犬のドッグフードを選ぶ際は、ライフステージや体型に合ったものを選び、どんなドッグフードがいいのか分からない場合は、かかりつけの獣医師さんに相談してみるといいでしょう。

愛犬の丈夫な体をつくる「安心犬活」国産無添加ドッグフード

無添加フード「安心犬活」の申し込みはこちら

タイトルとURLをコピーしました