ドッグフードとタンパク質の量は?多いものが良いの?理由も調査

愛犬の食事にはタンパク質が必須だということはご存知でしょうか。

ただ、どのぐらいの量が望ましいのか、そしてどういったタンパク質がいいのか悩んでいる人もいると思います。

実はドッグフードは豊富なタンパク質が含まれていることが望ましく、健康のためにはタンパク質の質や量に拘る必要があります。

そこで、どの程度のタンパク質が必要なのか具体的にみていきましょう。

ドッグフードのタンパク質の重要性と関係性は?多いと良いの?

愛犬のドッグフードを選ぶ際に見て頂きたいのが原材料です。

フードの食付きばっかりを考慮してしまいがちですが、ドッグフードを選ぶ際には、原材料をみて、愛犬に合ったフードを選ぶことが大切なんですね。

また、アレルギーをお持ちの場合はアレルゲンとなりそうな食材はないかもしっかりと確認をしましょう。

ドッグフードに含まれているタンパク質は愛犬の血液や骨、筋肉、皮膚・被毛、内臓等の健康維持するために欠かせない栄養素であると言われています。

また代謝や免疫を保つ重要な役割も担っているんですね。

愛犬の健康維持をサポートするためには、年齢や運動量等から1日に必要なタンパク質量を理解し、そして必要量を摂取する必要があるんです。

ドッグフードのたんぱく源は肉食動物である犬にとって重要

ドッグフードに使用されているタンパク質ですが、動物性タンパク質(チキン等のお肉・お魚)と植物性タンパク質(大豆・お米・小麦等)があります。

犬は元々狼ということもあり、元来肉食動物なんです。

雑食だと思われがちですが、昔から肉食だったので、あったため植物性タンパク質よりも動物性タンパク質を消化する能力が高いです。

このため、犬にとっては良質な動物性タンパク質が主原料のフードが良いとされており、一般的に嗜好性も高いと言われています。

犬に高たんぱくなドッグフードを選ぶメリットや必要な理由!

動物性蛋白質である肉や魚には、アミノ酸が含まれています。

これらは犬の体内で作ることができません。

全て食事から摂取する必要があるんです。

愛犬の毎日の健康ですが、高タンパク質のドッグフードを取ることで、必須アミノ酸を取り入れることができて健康を保ちつづけることができるんです。

筋肉や臓器、皮膚、毛をはじめ、ホルモンや免疫物質生成の材料になります。

そして、必須アミノ酸は、人間だと8種類ですが犬は10種類と多いため、その分多くのたんぱく質を摂取しなければならなりません。

ただし、質よりも量が大切なドッグフードのタンパク質

嗜好性があるタンパク質のドッグフードは、食べ過ぎ、そして運動不足による肥満に繋がる恐れがあります。

高たんぱく、高脂肪のドッグフードだと、肥満の元になってしまうことも。

あまり運動をさせることができない場合や、肥満が気になる場合、高タンパク質でも低脂肪でヘルシーなドッグフードを選ぶ必要があるんです。

また、犬によっては体臭が強くなってしまったりする恐れもあります。

質の悪いタンパク質のドッグフードには要注意!

ドッグフードでも市販のものは、非常に質が悪いタンパク質が含まれていることもあります。

たとえば、死骸や鼠肉、そして添加物などが多く含まれ、人間が食べられないような質のものであれば、内臓が悪くなってしまうこともあります。

ドッグフードのタンパク質は非常に重要ですが、原材料の品質には気を配る必要があります。

ただ、高たんぱくで、品質が良く、そして低カロリーのものというと限られた商品になります。

そこで、高タンパク質で、さらに質が良い原材料を使っている、そして低カロリーのドッグフードをご紹介します。

1位 モグワンドッグフード

・全犬種・全ライフステージ対応
・原材料は全てヒューマングレード
・チキン生肉と生サーモンが主原料で動物性タンパク質50%以上
・グレインフリー(穀物不使用)
・着色料や香料などの人工添加物不使用
・生サーモン・サーモンオイル使用でオメガ3脂肪酸が豊富
・原産国はイギリス

ドッグフードランキングで人気なのがグレインフリー・生肉使用!プレミアムドッグフード『モグワン』
です。

モグワンドッグフードは人工添加物不使用のドッグフードです。

全犬種、全ライフステージに対応しているので子犬(パピー)から高齢犬(シニア犬・老犬)まで食べることができるドッグフードで、しかも原材料は全て人間が食べられるレベルのヒューマングレード。

犬が消化を苦手としている穀物不使用のグレインフリードッグフードで、日本よりもドッグフードの規制が厳しいイギリスで開発、製造されているので、安心して愛犬に与えることができます。

モグワンドッグフードはチキンとサーモンをメインに使用しており、動物性タンパク質はなんと50%以上と高タンパクです。

また、初回定期購入の1袋目は通常価格の50%OFFとお得にお試し感覚で購入できるのもモグワンドッグフードが人気の理由なのかもしれません。

1日1,000名様限定で、モグワン定期コースが初回1袋半額キャンペーンを実施中!通常価格3,960円のところ、初回1袋1,980円なので、ぜひ今のうちに!

モグワンドッグフードの公式サイトはこちら

2位 カナガンペットフード

・全犬種・全ライフステージ対応
・原材料は全てヒューマングレード
・チキンが主原料で動物性タンパク質60%以上
・グレインフリー(穀物不使用)
・着色料や香料などの人工添加物不使用
・サーモンオイル使用でオメガ3脂肪酸が豊富
・原産国はイギリス

イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』、そして猫用のほうが、イギリス最高級のグレインフリーキャットフード『カナガン』になります。

カナガンチキンは、全犬種、全ライフステージに対応しているので子犬(パピー)から高齢犬(シニア犬・老犬)まで食べることができます。

そして、香料や着色料などの人工添加物を使用していないドッグフードです。

原材料は全てヒューマングレードで、平飼いチキンをメインとした栄養たっぷりな動物性原材料を60%配合と高タンパク質。

さらに、ビタミンやミネラル豊富な野菜やハーブも40%配合するなど、美しい毛並みと健康的な身体を保つために理想のドッグフード・キャットフードといえます。

もちろん、犬が消化吸収を苦手とする穀物は一切使用していないグレインフリードッグフードで、100gあたり361.25kcalと低カロリーでとてもヘルシー。

日本よりもドッグフードの規制が厳しいイギリスの製造工場から直輸入したドッグフードで、品質管理が徹底しているので安全性が高いドッグフードです。

カナガンチキンの公式サイトはこちら

3位 ナチュロル

・全犬種・全ライフステージ対応
・原材料は全てヒューマングレード
・新鮮生肉(牛肉・鶏肉・馬肉・魚生肉)を55%使用
・グレインフリー(穀物不使用)
・犬に良くない33品を不使用、無添加
・高濃度安定・持続型ビタミンC配合
・新鮮生魚由来のオメガ3脂肪酸が豊富
・日本製

ドッグフードランキングで人気の高い国産ドッグフードが【ナチュロル】です。

ナチュロルは国産ドッグフードなので、日本製のドッグフードにこだわりたい方におすすめです。

海外産のドッグフードに負けないくらい高品質でこだわりをもっていて、全犬種、全ライフステージに対応しているのはもちろんグレインフリードッグフードです。

原材料は全てヒューマングレードで生の牛、鶏、馬、魚肉を55%以上使っていて、自然のうまさが引き立つような黄金バランス。

食いつきもよく新鮮で安心安全なドッグフードです。

また、ドッグフード業界の常識を打ち破る高濃度の安定・持続型ビタミンCで、健康な皮膚や毛並みをサポートし身体の内側から愛犬のの免疫力と健康を維持してくれます。

らくトク犬康コース(定期コース)は初回30gを100円でお試しできるので、偏食気味の愛犬やちょっと試してから購入したいという飼い主さんに人気があります。なんと、リピート率は驚異の96.9%です。

ナチュロルの公式サイトはこちら

まとめ

ドッグフードは高タンパク質のものが本来は犬にとって良いですが、質が良いもの、高評価のものがやはり安心です。

タンパク質が多くても、質の悪いものが入っていれば、内臓に負担がかかりますし、健康に関わってきます。

高タンパク質なのはもちろんですが、消化の悪い炭水化物や余分な添加物を使用せずに作っていることや、質の良い原材料であること、そしてヘルシーであることが必要です。

バラエティに富んだ新鮮肉とたんぱく質を豊富に含んだドッグフードは、市販にはあまり販売されておらず、海外製のもの、国内でもこだわったメーカーのものがおすすめです。

ぜひ愛犬のために、タンパク質の含まれたドッグフードを与えてあげませんか?