ねこにスルメを与えてはダメな理由を解説

スポンサーリンク
ペットフード

「ねこがスルメを食べると腰を抜かす」という説を聞いたことがありますよね。

今回は、これがただの俗説なのか、それとも本当に気をつけたほうがいいのかを解説します。

スルメとビタミンB1の関係性

ビタミンB1の役割

ビタミンB1は、糖質の代謝を促してエネルギーに再生する重要な栄養素です。

神経系の正常な働きを助け、筋肉や心臓の機能を適切に保つ働きがあるほか、疲労回復にも効果があります。

ねこや犬は体内でビタミンB1をつくることができません。

なかでも、ねこは犬に比べてより多くのビタミンB1を必要とし、ビタミンB1欠乏症を起こしやすい傾向があるといわれています。

イカはビタミンB1を破壊する

イカやタコ、貝類などにはチアミナーゼという酵素が含まれています。

チアミナーゼを過剰に摂取すると、ビタミンB1を破壊することが知られています。

ビタミンB1不足になるとどうなるのか

ビタミンB1欠乏症の症状に脚気(かっけ)があります。

脚気の初期には、食欲不振や嘔吐、体重の減少などがみられます。

重症化すると神経症状が出るようになり、痙攣や後肢のふらつきのほか、視力障害などの症状が生じます。

足のしびれや麻痺が進行するとやがて寝たきりになり、心不全を呈する危険な状態になります。

ねこがスルメを食べても腰は抜かさない

結論からいえば、ねこはスルメを食べても腰は抜かしません。

ビタミンB1を破壊するチアミナーゼは、加熱すると失われるからです。

加熱処理したスルメにはチアミナーゼが含まれないので、「ねこがスルメを食べても腰は抜かさない」というのが噂の結論ということです。

スルメは大丈夫でも生のイカはあげないほうがいい

ただし、生のイカはチアミナーゼを含んでいるので、でビタミンB1欠乏症を引き起こすリスクがあります。

かつてB1欠乏症の症状のひとつである脚気は、戦後食生活が非常に困窮した終戦直後まで、多くの死者を出した日本の国民病でした。

その時代に、近海で大量に捕れる生のスルメイカを港に住むねこに頻繁に与えていたところ、ねこにも脚気の症状が現れたのだそうです。

「スルメで腰を抜かす」という説は、スルメイカばかり食べさせていたねこがビタミンB1欠乏症でフラフラして腰を抜かすのを見た人がいい始めたのかもしれません。

つまり、少量では問題がないにしても、イカを大量に食べさせるとビタミンB1不足に陥るということなのです。

それでもスルメはやめたほうがいい理由

胃の中で膨張する性質がある

スルメは天日干しにされて、元の大きさからかなり縮んで小さくなっています。

ねこが食べると、胃袋の中でスルメに水分が加わって膨張します。

少量なら問題ないでしょうが、やはりスルメの大量摂取は避けた方が無難です。

胃の中に大量のスルメが入って膨張すると、急性胃拡張という危険な病気になりかねません。

胃拡張になると血管が圧迫され、心臓や胃など全身の臓器に影響が及びます。

尿路結石のリスクが高まる

またスルメは塩分が強く、ミネラル(とくにマグネシウム)が多く含まれるので、尿路結石の原因にもなります。

犬にスルメを与えるのもよくない

スルメの多すぎる塩分量や消化の悪い性質から、犬に与えることも避けるべきです。

大きい状態のまま、犬が丸呑みしてしまうと消化不良や便秘の原因になります。

スルメを与えても問題ないとする獣医師さんもいるようですが、少なくとも積極的に与える食材ではないことは理解しておくべきだと思います。

まとめ

結論として「ねこがスルメを食べると腰を抜かす」というのは俗説で、「生のイカを大量に摂取すると脚気になる可能性がある」というのが真実です。

イカやスルメも、ほんの少量口にしたからといって慌てて病院に行く必要はありませんが、犬と同様に、ねこにとってもスルメはあえて積極的に与える必要のない食材です。

激安キャットフードの危険な原材料を解説
市販のキャットフードの値段はピンキリで、どんな商品を選んだらいいのか迷ってしまいます。 キャットフード選びの大きなポイントは価格だと思います。 量販店で信じられないほどの値段で売られている激安キャットフードを目にすることがありま...
タイトルとURLをコピーしました