【キタキツネだけじゃない】恐怖のエキノコックス

スポンサーリンク
ペットヘルスケア

エキノコックス症は人と動物に共通する感染症です。

多包条虫(エキノコックス)というサナダムシの一種が動物に感染して発症する病気で、毎年北海道でワンちゃんや人間への感染報告があります。

エキノコックスは北半球に広く分布していて、日本国内においては北海道全域で確認されています。

一般的に人に感染してから症状が現れるまでに10年前後かかるといわれ、気がついた時には手遅れということもある恐ろしい病気です。

エキノコックスの伝染メカニズム

自然界のサイクル

エキノコックスはネズミの肝臓に寄生し、生きたネズミや死骸を食べたキタキツネに伝染します。

キタキツネの小腸に寄生した成虫は大量の卵を産みつけ、卵はキツネの便と一緒に排泄されます。

ネズミがキツネの便や虫卵で汚染された水や植物などを経口摂取することで、ふたたびネズミの体内で卵が孵化し、ネズミを食べたキツネの体内に伝染するというサイクルを繰り返します。

人間や犬への伝染経路

キタキツネの便に含まれた卵は水に流されたり、山菜に付着したりして人間に伝染することがあります。

一方で、犬の場合は汚染水などから感染することはなく、エキノコックスに感染したネズミを口にすることによって感染し、虫卵がワンちゃんの糞便を経由して人間に経口感染する可能性があります。

エキノコックスの症状

キツネやワンちゃんはほとんど無症状です。

人間の場合は潜伏期間が長く、初期症状が現れるまで成人では通常 10 年以上かかるといわれています。

経口摂取された虫卵は腸壁から血管やリンパ腺に乗って全身に移動して定着します。

症状は感染した臓器によって異なり、肝臓に感染した場合は肝機能障害から肝硬変に進行していきます。

肺に感染した場合は咳や呼吸困難などを引き起こし、脳に感染した場合は意識障害や痙攣などの症状を示します。

この状態を放置すると、90%以上の患者が死亡するとされているので、迅速で確実な治療が必要です。

エキノコックスの治療法

ペットの治療

感染動物には駆虫薬の投与が有効です。

駆虫薬はエキノコックスの成虫に効果があり、ほぼ 100 %駆虫可能といわれています。

ドッグランや山歩きが好きなワンちゃんや、散歩中の拾い食いが気になる子や自宅周辺でキツネやネズミを見かける頻度が高い場合には、駆虫薬を服用するといいでしょう。

人間の治療

人間の場合は、発症後は病変した部分を外科的に切除することが唯一の根治的治療法ですが、進行した病巣は手術をおこなうことが難しい場合があります。

エキノコックスは拡大している

キタキツネのエキノコックス感染は40%前後という高い確率で汚染が広がっています。

また北海道内の飼育犬の0.5%~1%がエキノコックスに感染しているというデータもあります。

北海道特有の寄生虫とされてきたエキノコックスですが、近年本州でも発症例が確認されるようになってきました。

平成26年4月に愛知県阿久比町内で捕獲された野犬1頭にエキノコックス症の届出があったため、知多半島地域で捕獲された56頭の野犬の糞便からエキノコックスの虫卵の有無を確認する検査を実施したところ、3頭にエキノコックスの陽性が判明しました。

その原因について、北海道から本州に持ち込まれたワンちゃんが感染源ではないかという推論が立てられています。

北海道からは飼い主さんの移住や転勤にともなって毎年多くのワンちゃんが本州へ渡ってきています。

その実数は正確にはわかりませんが、各種統計から推理して年間400頭のワンちゃんが北海道から本州へ移動しているとすれば、そのうち2~4頭程度がエキノコックスに罹っている可能性があると考えられます。

問題は北海道のワンちゃんだけでなく、輸入犬にも同様の危険があります。

無検疫で入ってくる輸入犬については、強制的な検疫や寄生虫駆除の必要性を警告する研究者もいます。

まとめ

今後も国内のエキノコックスの感染被害は拡大傾向にあると考えられています。

屋外での活動が多いワンちゃんとの過度なスキンシップや糞便の扱いについては充分に注意したいものですが、人間の場合は感染してからの治療よりも予防に重点を置くことの方が、エキノコックスから身を守る上で重要になりそうです。

■ペットの保険選びは【保険スクエアbang!/ペット保険】■

タイトルとURLをコピーしました