ねこの流涙症を解説

スポンサーリンク
ペットヘルスケア

愛猫の目がいつもうるうるしていたり、目の周りがつねに濡れている状態であれば流涙症の可能性があります。

そのまま放置しておくと、皮膚病を引き起こしたり、涙の成分で被毛が茶褐色に変色して「涙やけ」になってしまいます。

被毛が白いねこはとくに目立つので、見た目的にもあまりよくないですよね。

流涙症とは

流涙症はその名のとおり、涙が止まらず目から溢れてしまう症状です。

涙は瞼にある涙腺でつくられ、目頭にある涙点に入り、鼻涙管を通って鼻に出て行きます。

何らかの原因で涙が過剰に生産されたり、涙がうまく鼻に排泄されなくなると、常に涙が出ている状態になります。

目の周りの被毛や皮膚についた涙に細菌が繁殖すると、痒みや違和感から執拗に目の周りを搔いたり、擦りつけて目を傷つけてしまいます。

流涙症の原因

結膜炎や角膜炎

涙が増える原因として考えられるのは、雑菌による炎症などです。

結膜炎や角膜炎、ブドウ膜炎、緑内障といった目の疾患や、目にゴミなどの異物が入ったり、煙などによって外部刺激を受けると、涙が過剰に増え、流涙症を起こします。

眼瞼内反症(がんけんないはんしょう)

眼瞼内反症は、まぶたが内側に入り込む症状です。

まぶたやまつげが目を刺激することによって涙量が増えます。

ペルシャやエキゾチック、ヒマラヤンは先天的に発生頻度が高いといわれています。

鼻涙管狭窄(びるいかんきょうさく)

涙は目と鼻をつなぐ鼻涙管を通って鼻に排出されますが、鼻涙管が狭くなる鼻涙管狭窄という状態になると、涙が目から溢れてしまいます。

ペルシャ、スコティッシュフォールド、ヒマラヤンなど鼻が短い短頭種は、骨格上鼻涙管が折れ曲がっているために鼻涙管狭窄が多くみられ、流涙症を発症しやすい傾向があります。

後天的な要因としては、眼の炎症や鼻炎のほか、ウイルス性疾患によっても鼻涙管が詰まることがあります。

子ねこが猫風邪に罹患すると、鼻涙管が癒着して完全に閉じてしまい、その後も障害が残るケースがあります。

気づきにくい流涙症

ねこは頻繁にグルーミングをして身体を清潔に保とうとする動物です。

目の周りが濡れていても、自分で拭き取ってしまいます。

日頃から目が過剰に潤んでないか、目線が合ったタイミングでチェックしましょう。

また、黒や茶色など被毛の色が濃いねこは、よく観察しないと異常に気がつきにくい場合があるかもしれません。

ティッシュやガーゼで目の周りをぬぐってみて、赤茶色の涙がつくようであれば流涙症です。

流涙症の治療方法

まずは、動物病院を受診して、流涙症の原因となる疾患が何かを診てもらいましょう。

結膜炎や角膜炎などの目の炎症が原因の場合は、抗生剤や消炎剤の点眼治療によって改善が期待できます。

異物や刺激物が目に入った場合は目を洗浄し、傷があれば点眼剤治療をおこないます。

鼻涙管の詰まりがある場合は、鼻涙管に細い管を通して、何度か洗浄して詰まりを取り除きます。

まとめ

流涙症の予防のためには日々のケアが重要です。

悪化しないように注意深く観察して、目の周りを清潔に保つよう心がけてください。

ペルシャ、ヒマラヤンなどは眼瞼内反症や鼻涙管狭窄になりやすいので注意しましょう。

タイトルとURLをコピーしました