メスねこあるあるを解説

スポンサーリンク
犬とねこ

あたらしくねこを迎えようと思った時、オスとメスのどちらを飼育すべきか迷いますよね。

メスの飼い主さんの多くが実感しているイメージは、クール、おとなしい、キレイ好きなど、人間の女性のイメージとあまり変わらないようです。

今回はメスねこを飼う場合の注意点について解説します。

オスとメスの体格の違い

個体差はありますが、オスの体は大きく、メスは小柄でほっそりした体型をしています。

ヒゲの長さもメスはオスに比べて短めです。

同じネコ科の動物でも、ライオンの性別は容易に判断できますが、ねこの場合も顔つきである程度オスとメスの見分けがつきます。

オスの顔は鼻が大きく目も離れてどっしりしていますが、メスは細面の印象です。

メスは顔の骨格が小さいので、オスよりも目が大きくぱっちりと見えます。

オスとメスの性格の違い

声の高さ

メスはオスに比べ声帯が華奢なので、細くて高い鳴き声になります。

鳴き方のバリエーションもメスのほうが多いといわれています。

メスはキレイ好き

ねこは毛づくろいをして被毛を清潔に保っています。

メスは神経質なので、長い時間をかけて丁寧に毛づくろいをおこなう傾向があるようです。

毛づくろいには気を落ち着かせる作用があるので、あるいは丁寧な毛づくろいはメス特有の神経質な性格の現れかもしれません。

メスは警戒心が強い

メスには出産、子育てという使命があります。

そのため、子育てをしないオスに比べて警戒心が強く怖がりです。

人見知りが強く、来客時に姿をくらましてしまう「幻のねこ」もメスに多いようです。

そのほかマイペースで自立心も強い傾向があります。

メスは運動量が少ない

メスはオスに比べると行動範囲が狭く、あまり激しい遊びもしません。

一匹で過ごすことが好きなメスも多く、飼い主さんべったりではなく、気分屋の傾向があります。

室内飼育の場合、圧倒的に脱走事故が多いのは冒険心旺盛なオスのほうで、メスは安心できるお気に入りの場所があればそれで満足します。

メスは動きが優雅

オスに比べてメスは動きもゆったりしていて、立ち居振る舞いが優雅に見えます。

メスは皮下脂肪が多く、全体的にオスに比べるとムッチリしているので、しぐさが艶っぽく見えるようです。

メス特有の病気

子宮蓄膿症

子宮蓄膿症は5歳以上のメスに頻発する病気です。

子宮に膿が溜まり、放置すると腹膜炎を起こして手遅れになるケースもありますが、早期であれば多くは手術で治ります。

避妊手術をすれば予防が可能な病気です。

乳腺腫瘍

乳腺腫瘍はねこの腫瘍のなかでは、リンパ腫についで多く発症例があります。

乳腺腫瘍の悪性度は70%以上とされています。

若いうちに避妊した場合は、乳腺腫瘍はほとんど発生することはありません。

まとめ

オスは「やんちゃで甘えん坊」、メスは「おとなしく自立心が強い」という傾向はあるものの、実際には個性による違いの方が大きいかもしれません。

飼い主さんの生活サイクルや住環境によっても性格は変わってくるそうですが、家を開けることが多い飼い主さんや飼育環境が狭い場合は、メスのほうが向いているかもしれません。

子宮蓄膿症、乳腺腫瘍といったメス特有の病気は、避妊手術をしておくことでリスクを避けることができます。

したがって、繁殖の予定がないのであれば避妊手術をしておくべきでしょう。

ペットショップやブリーダーからねこを購入する際に、オスとメスの価格差はあまりないように思いますが、避妊と去勢の費用の差については、避妊手術の方が1.5~2倍ほどコストがかかります。

タイトルとURLをコピーしました