闘犬をルーツにもつワンちゃんたち

スポンサーリンク
犬とねこ

闘犬は古代から娯楽としてたしなまれ、いまに伝わる犬文化です。

現在は動物愛護の観点から廃止・制限する国が増えてきましたが、残忍すぎないルールに則った闘犬を続けている地域もあります。

闘犬の歴史

闘犬の歴史

闘犬の歴史は古代ローマ時代まで遡ります。

ローマ人がコロッセウムで奴隷や剣闘士を闘わせて見世物にしていましたが、闘犬も同じような娯楽に使われていました。

軍用犬だったマスティフ系の犬をライオンなどと戦わせたのが闘犬のルーツです。

闘犬の全盛期は18〜19世紀です。

この時代の闘犬はより気質が荒く、より闘いに向いた犬種に品種改良され、ライオンやオオカミ、熊などと、瞬発力のあるブルドッグ系やテリア系の犬種を戦わせていました。

日本には高知県や秋田県に闘犬の文化がありました。

秋田の闘犬文化はなくなりましたが、土佐闘犬は伝統あるものとして今でも受け継がれています。

闘犬の現在

多くの国では動物愛護の観点から闘犬は廃止または縮小されています。

闘うことがなくなった多くの犬種は穏やかな性格に品種改良され、生来の従順さや忍耐強さから、人気のコンパニオンアニマルに改良されました。

闘犬の種類

古代ローマ帝国で活躍したマスティフ系やテリア系の犬種が代表的です。

大型犬だけでなく、テリア系の小型犬もその俊敏さと気性の荒さから闘犬として活躍しました。

代表的な闘犬を紹介しましょう。

アメリカンピットブル

最強の闘犬と呼ばれる犬種です。

ブルドッグの筋肉質な骨格とテリアの気の強さを受け継いでつくられましたが、アメリカでは「マフィアの飼う犬」というネガティブなイメージを持たれています。

土佐闘犬

日本人にとって馴染みのある土佐犬と混同しやすいのですが、こちらは土佐犬と海外犬種のミックスにより闘犬としてつくられた犬種です。

ブルドッグ

牛と犬を闘わせるブルベイティングのために改良された犬種です。

牛の角が刺さっても致命傷にならない、たるんだ皮膚と噛まれにくい低い鼻を持ちます。

その後穏やかで気性の優しい性質に改良され、家庭犬になりました。

ブルテリア

ブルドッグとテリア系の交配によって改良されたイングランド原産の闘犬です。

独特な頭部と筋肉質な体つきが特徴的で、非常に頭のいい犬です。

ナポリタンマスティフ

イタリア原産の超大型の闘犬で、現在は軍用犬や警察犬として活躍しています。

ボルドーマスティフ

フランス原産の犬種の中で、最も古い歴史をもつ犬で、忍耐力のある性格です。

チベタンマスティフ

チベット高原原産の闘犬です。

力強く筋肉質な超大型犬で、ライオンのたてがみような毛並みが特徴的です。

アメリカンスタッフォードシャーテリア

ブルドッグとテリア系から派生したアメリカ原産の闘犬です。

穏やかで従順な性格に改良され、現在は家庭犬として飼育されています。

秋田犬

秋田土着の日本犬です。

かつては猟師たちの遊びで闘犬種とされていました。

ドゴ・アルヘンチーノ

ジャガーやピューマといったネコ科の猛獣を倒すアルゼンチン原産の勇敢な狩猟犬です。

現在は狩猟犬、護衛犬や軍用犬、警察犬として活躍しています。

アイリッシュウルフハウンド

アイルランド原産で古代ローマに闘犬として献上された過去をもちます。

狩猟犬として非常に優秀で賢い犬種です。

シャーペイ

中国原産の古い起源をもつ犬で、シワの多い皮膚とつぶれた顔が特徴的です。

闘犬や番犬としてだけでなく、食用としても飼育されてきました。

ローデシアン・リッジバック

南アフリカで生まれた犬種で、ライオン狩りに利用されてきました。

危険な犬種

多くの犬種は穏やかな性格に品種改良されて危険のない家庭犬になりましたが、その一方で、やはり現在でも取り扱いの難しい犬種が存在します。

ローデシアン・リッジバックやピットブル、ドゴ・アルヘンチーノ、土佐闘犬(土佐犬含む)、秋田犬などを飼育する際はベテラン飼育員の手助けが必要です。

また、闘犬ではありませんが、ロットワイラーやチャウチャウ、ジャーマンシェパード、ボクサーなども扱いの難しい犬種といわれています。

まとめ

闘犬由来の犬種は扱いが難しいことから、檻にとじこめたり、社会性を身につけさせない飼育をしたために、かえって凶暴性が増したという例もあります。

重大な咬傷事件をおこしたワンちゃんは殺処分されてしまいます。

周囲の人間やワンちゃんを不幸にしないためにも、危険犬種とよばれるワンちゃんを飼育する場合は、最大級の注意を払ってほしいものです。

自分で飼育できないと感じたら、飼育する前に思いとどまることが重要です。

愛犬の丈夫な体をつくる「安心犬活」国産無添加ドッグフード

無添加フード「安心犬活」の申し込みはこちらまで

タイトルとURLをコピーしました