グレインフリーのドッグフードを解説

スポンサーリンク
ペットフード

パッケージに「グレインフリー」という表記がされたドッグフードが販売されています。

「グレイン」とは穀物のことで、これらの商品は「穀物を使っていないドッグフード」ということです。

具体的には主にイネ科の穀物(コメ、トウモロコシ、小麦、キビなど)を指しています。

「フリー」といわれると、なんとなく健康によさそうなイメージがありますが、すべてのワンちゃんがこのような食事をしなければならないというわけではありません。

ワンちゃんが穀物を消化できないというのは俗説

犬や猫は、野生時代は穀物を食べていないのだから、食べさせるのは避けた方がいいという声もときどき聞かれます。

穀物に含まれる炭水化物はワンちゃんの短い腸では消化しきれないという主張です。

人間も生のままのコメを食べても消化できませんが、加圧、加熱(アルファ化といいます)すれば消化できるようになります。

ワンちゃんも人間と同じで、生のままの穀物を消化することはできませんが、アルファ化すれば消化吸収されることがわかっています。

つまり「犬は穀物を消化できない」というのは、たしかに生の穀物ならばそれは事実ですが、加工すれば消化できるのです。

アレルギー対策としては有効だが

食物アレルギーは食物に含まれるタンパク質を異物として認識してしまうことによっておこる反応です。

アレルゲンとなるタンパク質には肉、魚、穀物、野菜、乳製品などがありますが、このうち小麦やライ麦以外の穀物が原因の食物アレルギーは、アレルギー全体のなかでは症例はごく少ないという現実があります。

このようなことから、小麦由来(グルテン)以外の穀物アレルギーについては過剰に気にする必要は少ないと考えられます。

消化についてはアルファ化された食材であれば問題ありませんし、穀物に含まれる栄養素はワンちゃんの健康にとって大変有効です。

ほとんどのドッグフードに含まれている穀物は適切に調理されていますから、ワンちゃんは良質なエネルギー源として利用することができます。

あたらしいフードを試す際の注意点

いきなりあたらしいフードに切り替えても、ワンちゃんは食べてくれない場合がありますから、いつも食べているフードに混ぜて与える方法がおススメです。

分量に注意

最初は(あたらしいフード4分の1)+(いつもフード4分の3)の分量からスタートして、1週間ほどかけて、あたらしいフードに切り替えていく方法がいいでしょう。

ナチュロルの場合、カロリーが高いため、切り替えが完了するとこれまでの分量よりも減ってしまいますから、その点は注意してください。

冷蔵庫での保存

ドッグフードの酸化や腐敗を心配して冷蔵庫で保存している飼い主さんも多いと思いますが、かえって逆効果になる場合があるので、あまりおススメできません。

冷蔵庫内と外では温度差がかなりあるので、フードを出し入れする際に結露する可能性が高く、その結果、カビや腐敗の原因になる危険があるのです。

直射日光の当たらない室内で保存すれば充分なのですが、どうしても冷蔵庫で保存したい場合は、1食分ずつ小分けにしてジッパーのついた袋に入れて保存するようにするといいでしょう。

その場合も、早く食べきることが前提になります。

タイトルとURLをコピーしました