グルテンフリーのドッグフードを解説

スポンサーリンク
ペットフード

昨今は人間だけでなくペットに対する健康志向も高まってきています。

愛犬に安心な食べ物を食べさせるために、グルテンフリードッグフードを選ぶ飼い主さんも多くみられます。

グルテンフリーとは

グルテンとは、小麦やライ麦などの麦類の胚芽と胚乳から生成されるタンパク質の一種で、食物アレルギーを引き起こす原因とも考えられています。

フリーは「不使用」という意味ですから、グルテンフリーのドッグフードは、グルテンが入っていないドッグフードのことを指します。

「グルテンフリー」と似た言葉に「グレインフリー」があります。

グレインは「穀物」を意味しています。

つまり、グレインフリーとはグルテンを含む穀物だけではなく、あらゆる穀物を使用していないという意味になります。

もう少し補足すると、グレインには「米」「小麦」「大麦」「ライ麦」に加えて、「豆」「とうもろこし」などの食材が含まれています。

一方、グルテンのほうは、上記の穀物のうち、小麦・ライ麦などの麦類から生成されるタンパク質の一種を表しているのです。

グルテンフリーフードの2つの目的

食物アレルギー対策

人間同様に、犬には食物アレルギーが存在します。

実は、犬が持つアレルギーとして最も多いとされているのが「小麦アレルギー」だといわれているんです。

つまりグルテンフリーのドッグフードは、小麦アレルギーの犬でも安心して食べさせられるとしてアピールしているわけです。

肥満対策

人間と同じく犬にも肥満が問題になっています。

人間のダイエットで話題となった「炭水化物抜きダイエット」というものを聞いたことがある方も多いでしょう。

炭水化物を豊富に含む穀物は血糖値を急激にあげるものが多いため、肥満の原因になりやすいと考えられているからです。

これは人間だけでなく、ワンちゃんにも有効です。

アレルギーは穀物だけではない

犬も小麦アレルギーだけではなくさまざまな種類の食物アレルギーにかかるということが知られています。

グルテンに対するアレルギーが多いことは確かですが、肉や魚、野菜などそのほかの食材についてのアレルギーも無視することはできません。

たとえば肉に対してアレルギーを持つワンちゃんが一定数存在します。

なかでも豚肉に対するアレルギーが比較的多いとされていますが、その原因としてアレルゲンの過剰摂取が挙げられています。

つまり、同じ種類のタンパク質を長期間摂取し続けることで、今までアレルギーではなかった食材に対してある日突然アレルギーを発症することがあるのです。

これは花粉を吸収し続けることで限界を超えて、アレルギーを発症してしまう花粉症と同じようなメカニズムです。

つまり食材のバランスが大事だということ

グルテンアレルギーのあるワンちゃんに「グルテンフリー」のフードを与えることについては大いに意味があります。

したがって必ずしも穀物が犬の体にとってよくないものと決めつけるのではなく、愛犬の体質などを考慮したうえで最適な食事を与えることが正しい選択になります。

もともとの犬の食性を考えた場合、小麦を摂取する必然性は薄いといえますが、小麦に含まれる栄養素はワンちゃんにも有用ですから、小麦以外の食材からそれらの栄養素を摂取できるように工夫されたドッグフードを選ぶべきです。

タイトルとURLをコピーしました