咳と心臓病について解説します

スポンサーリンク
ペットヘルスケア
Close Up of Light Colored Puppy Paw. dog feet and legs on wood. Close up image of a paw of homeless dog. skin texture

ワンちゃんの心臓疾患で気に留めておきたいのは、かなり重症になるまでは症状がほとんど出ないということです。

心臓病の一般的な症状として発咳、呼吸困難、失神、運動不耐、元気食欲不振などの症状が生じるといわれていますが、これらはかなり病気が進行してから初めて表面に出てくるものです。

心臓病の発見のきっかけは、症状が出ていないにもかかわらず、聴診を終えた主治医の先生から突然発症を告げられるケースがほとんどです。

心臓病と一口にいっても、その種類はさまざまですが、ここでは代表的な心臓疾患である僧帽弁閉鎖不全症についてお伝えしていきます。

僧帽弁閉鎖不全症のメカニズム

僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜんしょう)は犬で最も多い心臓病ですが、とくに高齢の小型犬に多く起こります。

僧帽弁は左心室と左心房の間の弁で、左心室から大動脈へ血液を送り出す時に血液が左心房へ逆流することを防いでいます。

ところがこの弁が変性し、上手く閉まらなくなると、血液が左心室から左心房へ逆流し、全身へ上手く血液を送り出せなくなります。

初期の段階では、心臓が頑張って働くため大きな影響はありませんが、頑張り続けた心臓が限界を迎えると血液の流れが止まり、心不全の状態になります。

僧帽弁閉鎖不全症のメカニズム

第一段階の症状

早期の場合はほとんど無症状で、定期検診時などに心臓の雑音によって発見されることがほとんどです。

発症後、最初に認められる症状は咳です。

逆流した血液によって風船のように膨らんで大きくなってしまった左心房が、その上にある気管支を圧迫することによって生じます。

痰を吐き出すような苦しげな咳が、主に興奮時や夜〜朝方に認められます。

病気の進行によって表れる症状

心不全の状態に進行すると、肺の中で血液が鬱滞して肺水腫になります。

肺水腫になると、酸素交換が上手くできなくなって酸欠状態になります。

その結果、呼吸が荒くなったり、舌の色が紫色になるチアノーゼが認められます。

また、不整脈によって失神することもあります。

僧帽弁閉鎖不全症の治療

薬による治療と、手術による治療があります。

手術については、非常に高度な技術と設備を要するため、実施している病院は限られています。

薬による治療で僧帽弁の変形が治るわけではありません。

これは病気の進行を遅らせて心不全を発症するまでの時間を延ばし、症状を和らげることを目標にした治療です。

投薬治療は、早期発見により発症する前から治療を開始することによって、心不全の発症を遅らせる効果があるとされています。

まとめ

心臓疾患は高齢犬に発生しやすく、体力の衰えとの違いに気がつきにくい傾向があるといわれています。

このように早期発見が難しい僧帽弁閉鎖不全症ですが、この病気への対処については定期的な健康診断を欠かさず、普段のなにげない行動をチェックして愛犬の変化を見逃さないようにすることが肝心です。

散歩が辛そうだったり、飼い主さんの帰宅時のお迎えが遅くなったなど、これまで普通におこなってきた愛犬のルーティーンに異変があったときは心臓疾患を疑ってください。

安心犬活】健康フードで愛犬の健康寿命を延ばす

安心犬活】健康フードで愛犬の健康寿命を延ばす

タイトルとURLをコピーしました