フィラリアの薬のメカニズムと飲み忘れの対処法を解説

スポンサーリンク
ペットヘルスケア

フィラリア症は、寄生虫であるフィラリアの幼虫(ミクロフィラリア)が蚊を媒介にして犬の体内に入り、心臓の機能障害を引き起こす恐ろしい感染症です。

かつては犬の死因として最も多かった病気で、「忠犬ハチ公」の死因でもありました。

しかし現代では、フィラリア症は適切な投薬によって100%予防できる病気です。

命にかかわるフィラリア症

蚊に刺されることによってミクロフィラリアが犬の体内に入りこみ、成長しながら移動して最終的に心臓や心臓から肺に向かう大きな血管に寄生します。

成虫になると長さ20~30cmの細長い「そうめん」のような虫に成長します。

フィラリアは肺動脈や心臓に寄生して心臓の動きを低下させ、最終的には呼吸困難とともに死に至ります。

フィラリア症は命にかかわる恐ろしい病気ですが、感染してもしばらくは何の症状も出ません。

感染から数年経過して症状が出ることが多く、症状が出たときにはすでに手遅れというケースが少なくありません。

困難なフィラリアの治療

フィラリアの治療には以下の方法があります。

ただし、いずれの治療方法であっても傷ついた血管や臓器は元通りにはならないので、成虫を駆除した後もダメージは残るでしょう。

現実的には成虫を駆除することは難しいため、幼虫のうちに駆除することが重要です。

薬剤による成虫駆除

薬剤で死滅した虫が肺の血管に詰まったり、アナフィラキシーショックを起こすリスクが高く、現在はこの治療方法を選択することはほとんどなく、薬剤も製造中止になっています。

外科手術

手術によって直接フィラリア虫体を取り出す方法です。

全身麻酔下で頸静脈を切開する手術で、すでに心臓に負担を抱えている犬にとってリスクの高い処置です。

虫の寿命を待つ

一番リスクの少ない方法です。

再感染をしないように予防薬の投与を続けながら成虫の寿命(約5~6年)を待ちます。

治療自体のリスクは低いですが、フィラリアが心血管系に寄生している限り、心臓への負担は継続します。

フィラリアの予防

フィラリアは投薬予防が一般的

基本的には定期的な投薬が一般的で、「イベルメクチン」「ミルベマイシン」という薬が多く使われます。

予防薬は「蚊を見かけてから1か月後から投薬を開始し、蚊がいなくなってから1か月後まで毎月1回投与する」サイクルが推奨されています。

薬を飲むタイミングが月1回である理由

投薬のタイミングは、犬の体内でフィラリアが成長するタイミングと関係しています。

フィラリアの幼虫にはL1~L5までのステージがあり、脱皮するごとに成長します。

蚊の体内に入ったL1は蚊の体内でL3まで成長します。

蚊に刺されると、犬の体内に犬フィラリア幼虫(L3)が入り込みます。

その後3〜10日間ほどで、L3幼虫は脱皮して一回り大きくなります(L4)。

フィラリア予防薬はこのL4幼虫を100%駆除します。

L4幼虫は50〜70日ほどで脱皮して大きくなります(L5)。

L5まで育ってしまうと薬が充分に効かない場合があるので、その前に薬を投与しておく必要があります。

そのタイミングが1か月なのです。

薬を飲み忘れた場合

1か月に1度の投薬をつい忘れてしまうことがあるかもしれません。

その場合は動物病院でアドバイスを受けてください。

また、以下の点について理解しておけば、場合によっては慌てる必要はありません。

フィラリアの成長メカニズムと投薬治療

蚊のシーズンになったら、30日ごとに予防薬を飲ませることで、1か月の間に感染したフィラリアをL4の段階で駆除することができます。

L4の期間は50~70日前後ありますが、予防薬の投与頻度は30日ごとと、少し余裕を持たせてあります。

これは飲み忘れによる感染予防の失敗を低くするためです。

したがって、薬を飲み忘れた場合でも、本来の日にちから20日以内に飲めば問題はないことになります。

まとめ

近年までのフィラリア予防は、5月から12月におこなうのが通説でした。

しかし、昨今では、地球温暖化による蚊の出現シーズンが伸びたことにより、

フィラリア症の通年投与を提案している動物病院も増えています。

フィラリア症は、投薬で100%予防できる感染症です。

投薬サイクルを守って確実に予防していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました