単身者がペットの里親になる方法を解説

スポンサーリンク
ペット保険

ペットの里親募集サイトを見ていると、「単身者不可」という記載がある事例を多く目にします。

一人暮らしをしている方にとって、里親になるためのハードルはかなり高いものがあります。

なぜ単身者不可の条件がつけられているのでしょうか?

今回は一人暮らしの人が里親になるための方法と心構えについて解説します。

一人暮らしの人が里親に選ばれない理由

里親になるための条件は保護団体ごとに異なりますが、さまざまな理由から、ペットの譲渡に単身者不可の条件を提示している保護活動団体が多いのが実情です。

時間的な制約

一人暮らしの方は、日中仕事などで家を空けることがほとんどだと思います。

その間、ペットは自宅で留守番をしなければなりません。

留守の時間が長いと、ペットが適切なタイミングでごはんを食べられなかったり、トイレが汚れたままだったりと、さまざまな問題が発生します。

留守の間に体調を崩しても、異変をすぐに察知できないケースもあるでしょう。

経済的な理由

ペットの飼育費用が捻出できるかどうかも、里親になるための条件のひとつです。

面接時に、仕事内容や収入など経済状況の確認をされる場合もあるようです。

収入が減って再度ペットを手放してしまうリスクを回避するため、一人暮らしの里親希望者は譲渡の対象外にされることが多いのです。

生活環境やライフステージの変化の可能性

単身者用のワンルームは、ペットとの生活には不適だと判断されるケースがあります。

また一人暮らしをしている方は、将来的に就職や転職、結婚などによる引っ越しや、生活環境の変化が起こる可能性があります。

ライフステージの変化によって飼育が困難になった場合に、ペットはどうなってしまうのでしょうか?

保護団体はその点も心配しています。

一人暮らしの人が里親になる方法

保護活動団体のなかには、ペット譲渡の条件に、「単身者可」「単身者は要相談」としている場合もあります。

保護団体から安心してペットを譲渡してもらうために下記のポイントを押さえておきましょう。

●飼育環境の整備
●もしものときの預け先を決めておく
●面談の際に自分の思いをアピールする

里親になるために覚悟しておかなければならないこと

里親の条件については、ときに「そこまで厳しくしなくても」と感じるものもあります。

通常の場合は、住所、氏名、家族構成、家の間取りなどの情報を保護団体に提出して、審査を受けることになります。

また、実際に動物が暮らす環境を確認するために、「家の中を見せてほしい」と求められることがあるそうです。

公的機関ではなく個人が運営する保護団体に個人情報を提出したり、家庭訪問を受けなければならないことについて、抵抗感を抱く人も少なくないでしょう。

しかし、里親として認めてもらうためには、保護活動団体が提示する条件をクリアしなければなりません。

まとめ

保護団体は「殺処分される不幸な命を救うために」と呼びかけているにも関わらず、なぜこんなに里親になる条件が厳しいのでしょうか。

里親を探している動物たちは、さまざまな経緯で保護団体の元にやってきました。

保護団体は、一度悲惨な目に遭っているペットを、二度も不幸にするわけにはいかないという強い思いがあります。

里親になるべき人物が、終生、動物を愛してくれるかどうか。

保護団体はそれを見極めるために、慎重にならざるを得ないのです。

タイトルとURLをコピーしました