愛猫の目ヤニと病気について解説

スポンサーリンク
ペットヘルスケア

ねこも人間と同じように、生理現象として目ヤニが出ます。

目ヤニは、結膜などから分泌される粘液に、目に付着したほこりや、まぶたからの老廃物、血液成分などが含まれたものです。

目ヤニはねこの体調をはかるサインでもあります。

大量の涙や目ヤニ、目の周りの毛に目ヤニが付着している状況は、何らかの体調の異常を知らせるメッセージかもしれません。

目ヤニの色と病気の可能性

涙は目にごみが入らないように目を守り、不要になった細胞の一部やごみは涙に混ざって目ヤニとなって排出されます。

涙や目ヤニが通常の量であれば問題ないのですが、病気の場合に異常な量が出てしまうことがあります。

目ヤニの色についても、黄色や黄緑色などいつもと違う色の場合は注意が必要です。

こんなときは病気の可能性がある

異常な目ヤニが出たときには、次のような病気の可能性があります。

猫カゼ

目ヤニとともに、くしゃみや鼻水の症状が出ている場合は、猫カゼの可能性があります。

猫カゼは、猫ヘルペスウイルスやカリシウイルス、クラミジアなどに感染することによって起こります。

室内で飼育しているねこでも、飼い主さんが野良猫に触れるなどしてウイルスを持ち帰って感染させてしまう場合があるので注意が必要です。

結膜炎や角膜炎

目ヤニだけでなく涙もたくさん出ている場合は、結膜や角膜の炎症が原因かもしれません。

結膜炎は、アレルギーやウイルス、ごみなどの異物が目に入ったときに発症し、白目が充血し、目を痒がるといった症状が見られます。

角膜炎はヘルペスウイルスによる感染や目のケガや異物の混入によって起こり、目を痛がるしぐさが見られます。

重症になると目が白く濁り、正常な角膜には見られない新しい血管が生じることもあります。

ウイルス感染やアレルギー反応

細菌や真菌、ウイルス感染によって鼻炎になると、目ヤニが現れることがあります。

そのほか、花粉やハウスダスト、ノミ、牛肉や乳製品、穀類、鶏肉、卵など、さまざまなアレルゲンを原因するアレルギー反応が考えられます。

アレルギーの症状は目ヤニだけでなく皮膚炎として現れることも多いので注目しましょう。

ネコクラミジア

ネコクラミジアになると、本来粘りの少ないサラサラとした分泌液が、粘性をもって膿のように変化してきます。

結膜炎が悪化して目の周りが激しく腫れる症状もみられるほか、発熱や食欲不振、体重減少などの症状が出ることもあります。

ネコクラミジアはワクチンで予防できるので、予防接種をしておくことをおススメします。

流涙症

流涙症は涙を出す涙小管の詰まりが原因で発症します。

ペルシャのように鼻が低い顔立ちのねこは、先天的に流涙症になりやすい傾向があります。

流涙症の治療としては、カニューレ(極細の管)を使用して詰まりを解消する方法があります。

子ねこの目ヤニは別の視点で

生まれたばかりの子ねこは目が見えず、目が開いてくるのは生後一週間頃です。

生後10日を過ぎても目が開かない場合は、ウイルスの感染が原因の新生子眼炎や、細菌感染による目ヤニが原因かもしれません。

脱脂綿で目を拭いて黄色や緑色の目ヤニが付着していたら、ネコヘルペスウイルスなどのウイルスや細菌に感染している可能性があります。

まとめ

動物病院での受診の目安は、「病気かもしれない」と気になったタイミングです。

多量の赤茶色や茶色の固まった目ヤニや、緑色や黄色の目ヤニ、ゼリー状の目ヤニが出ている場合はすぐに動物病院を受診しましょう。

タイトルとURLをコピーしました