伊奴(いぬ)神社の魅力を解説

スポンサーリンク
グッズ紹介

名古屋市西区にある伊奴神社は、子授け、安産、夫婦円満、家内安全にご利益があるといわれています。

犬に縁のある神社ということで、安産祈願やお宮参りの参拝客で賑わっています。

また、戌年のお正月や戌の日には県内外から多くの参拝客が集まります。

犬は多産で安産なことから、子授けや安産のシンボルとされているんですね。

伊奴神社の由来

伊奴神社は1300年以上の歴史を持つ、この地方でも有数の古社です。

西暦673年、天武天皇の代にこの地で取れた稲を献上した際に、建立されたと伝えられています。

伊奴神社は素盞鳴尊(すさのおのみこと)、大年神(おおとしのかみ)とともに、日本で唯一、伊奴姫神(いぬひめのかみ)を主祭神として祀っています。

伊奴姫神は、神活須毘神(かむいくすびのかみ)の娘で、素盞鳴尊の子である大年神の后です。

素盞鳴尊のヤマタノオロチ退治は治水灌漑を意味しているとされています。

その子である大年神は農業神で、大年神の妃の伊奴姫神にちなむ犬は、古代では害獣駆除として使役されていました。

この地域に入植した古代豪族が、治水、殖産興業、害獣駆除を合わせて祈願するために、この三神を祀ったのではないかと考えられています。

「犬の王」とは

パワースポットとしても注目を集めているのが、本社(ほんやしろ)の横に鎮座している安産祈願の白い犬の石像です。

この像の名前は「犬の王」といい、犬の王のお腹を撫でると安産になるといわれています。

犬の王の由来には伊奴神社の成立に関わる興味深いいい伝えが残っています。

犬の王の伝説

かつて神社のある稲生(いのう)町が伊奴(いぬ)村と呼ばれていた昔、村人たちは近郊の庄内川の氾濫に困っていました。
ある日、山伏が旅の途中で伊奴村を訪れました。
山伏は村人から庄内川の洪水で困っているという話を聞き、泊めてもらったお礼にと、御幣を立てて祈祷をしました。
するとその年は洪水もなくたいへん豊作でした。
不思議に思った村人が開けてはならないといわれていた御幣を開けると、そこには一匹の犬の絵と「犬の王」の文字が書かれていました。
御幣の中を見てしまったためにご利益がなくなり、次の年はまた洪水が村を襲いました。
そこで村人たちは手分けして山伏を探し出し、御幣を開けたことを詫び、再びお祈りしてほしいと頼んだところ、山伏は「御幣を埋めて社を建てて祀れ」といい、立ち去りました。
いわれた通りに村人が寄進して社を建てたところ、その後洪水はなくなったといいます。

伊奴神社の魅力

伊奴神社では、お守りやおみくじも、かわいらしい犬の形をしています(おみくじは犬の置物の下に開いている穴から取り出す仕組みです)。

こちらも人気の理由のひとつです。

まとめ

境内のあちこちに犬のおみくじがズラリと並んでいます。

インスタ映え間違いなしですね🐶。

伊奴神社へのアクセスは、名古屋市営地下鉄鶴舞線・庄内通駅から徒歩で約10分です。

初詣や子授け、安産祈願、お宮参り、七五三参りなどのほか、毎年10月には一年でもっとも重要な祭典である例大祭がおこなわれます。

機会があればぜひ訪問してみてください。

残念ながらペットを連れての参拝はできないそうなので、気をつけてお出かけくださいね。

タイトルとURLをコピーしました