乳酸菌の効用について解説

ペットフード

犬に牛乳を与えるとおなかを壊す可能性があるので、あまりおススメできません。

牛乳の成分である乳糖をうまく消化吸収できないワンちゃんが多く、先天的に乳糖を消化できない乳糖不耐症の子も多いのです。

しかし、ヨーグルトであれば犬に与えても大丈夫です。ヨーグルトは、発酵の過程で乳糖が分解されて減少しているため、乳糖不耐症による下痢や嘔吐を引き起こす可能性が低いとされています。

ヨーグルトを与えるメリット

整腸作用

犬の腸にも善玉菌と悪玉菌が存在しています。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は腸内の善玉菌に働きかけて、腸内細菌を整える効果があります。

摂取した乳酸菌が生きたまま腸に届くことはほとんどないといわれていますが、乳酸菌は死んだ状態でも腸内環境を整える働きをすることがわかっています。

口臭予防

乳酸菌は、犬の口内細菌の増殖を抑える効果があるといわれています。

細菌の繁殖を抑えることで、歯周病予防にも効果があり、腸内環境が整うことで口臭の元がなくなります。

結石予防

ヨーグルトには利尿作用のあるカリウムが含まれています。

水分をしっかりとって尿を出すことは結石予防につながります。

カリウムが含まれるヨーグルトを与えることによって、結石になりにくい体を維持する効果が期待できます。

ただし、腎臓病や高カリウム血症のワンちゃんに与える際には獣医師さんに相談してください。

免疫強化

ヨーグルトの中に含まれている乳酸菌には、体内の免疫細胞の働きを高める作用があることがわかっています。

免疫力が活性化することによって自然治癒力を高め、がんやウイルス性伝染病や、カゼなどの予防や改善に非常に有効です。

ヨーグルトを与える場合の注意

食べすぎに注意

ヨーグルトは栄養素が豊富な食べ物です。

食べ過ぎは肥満の原因になるので、過剰摂取にならないように気をつけましょう。

逆に食欲が落ちているときや、元気を取り戻すために活用するのはおススメです。

特別なおやつとしてときどき与えたり、少量を毎日、継続して与えれば、乳酸菌による免疫効果が期待できます。

初めて与えるときは、食べたあとに体調が悪くなる可能性があるので、必ず少量にして様子をみてください。

ヨーグルトには少量の乳糖が分解されずに残っているので、食べすぎると下痢や嘔吐を引き起こす可能性があります。

プレーンヨーグルトに限る

ヨーグルトは市販されている人間用のもので大丈夫ですが、必ずプレーンタイプの製品を選びましょう。

「砂糖不使用」や「低カロリー」の商品は、甘味料としてキシリトールを使用している場合があります。

キシリトールは犬にとって有害な物質なので、購入前に必ず原材料を確認してノンキシリトールのものを選びましょう。

まとめ

食欲が落ちているときや、食いつきや元気を取り戻すためにヨーグルトを取り入れるのもおススメです。

そのままではなかなか口に入れてくれない薬を飲ませる際に、ヨーグルトに混ぜて与えるとペロリと食べてくれるという話も聞きます。

ヨーグルト以外にも乳酸菌入りフードやサプリメントもありますので、これらを上手に組み合わせて乳酸菌を補充するのもいいアイデアです。

安心犬活は人口添加物を一切使っていない健康フードなので、ワンちゃんに安心して与えることができます。

乳酸菌・オリゴ糖配合の【安心犬活】で愛犬の健康寿命を延ばす

【安心犬活】健康フードで愛犬の健康寿命を延ばす

タイトルとURLをコピーしました