手遅れになりがちな犬の肝臓病を解説

スポンサーリンク
ペットヘルスケア

肝臓は沈黙の臓器ともいわれ、ある程度のダメージを受けても機能を続け、症状が出たときには肝機能の低下がすすみ、手遅れになっていたというケースも少なくありません。

人間同様、犬にとっても肝臓は重要な臓器です。

肝臓の役割

肝臓は有害物質の解毒や胆汁の生成、タンパク質などの代謝やビタミンの合成などをおこなう、犬の生命維持に欠かせない大切な臓器です。

肝臓の機能の低下や損失した状態を総称して肝臓病といいます。

ウイルスや細菌、偏った食生活、先天的な形成不全や毒物中毒など、原因はさまざまです。

糖尿病などほかの病気の影響で肝臓病になることもあります。

肝臓病は症状が出にくいため、肝不全の状態に進行してほかの臓器にも悪影響を及ぼすと、死に至ることもあります。

肝臓病の種類

肝炎

ウイルスや細菌、寄生虫などの感染、毒物や薬物中毒のほか、肥満や栄養障害、心臓病、糖尿病、クッシング症候群などさまざまな病気が原因で発症します。

病状が進行すると、肝機能が徐々に壊れ、最終的に肝不全になる場合があります。

先天性門脈シャント

腸と肝臓を結ぶ血管(門脈)が、肝臓を通らずほかの静脈につながっている先天性異常が原因で起こるのが門脈シャントという病気です。

肝臓で解毒されないまま毒素が全身に巡るので、脳障害を起こす危険があります。

子犬期に定期健診をきっかけに発見されることが多い病気で、治療は外科手術になります。

肝リピドーシス

肝臓に脂肪が過剰に蓄積される病気です。

栄養障害による低血糖、極端なダイエット、肥満や環境変化によるストレスなどが原因だといわれていますが、はっきりとしたことは不明です。

銅蓄積肝障害

ミネラルのひとつである銅を排出する機能が低下して、肝臓に蓄積する病気です。

遺伝的な要素が大きく、テリア系犬種やダルメシアン、ドーベルマンなどに見られます。

胆嚢炎

肝臓から分泌される胆汁を貯蓄する胆嚢の病気です。

胆嚢に炎症が起きる胆嚢炎、胆汁が泥状になって沈滞する胆泥症、粘液が過剰に蓄積される胆嚢粘液嚢腫の3種類があり、それぞれ肝機能を低下させます。

そのほかの肝臓病

毒物や薬剤を原因とする中毒性肝炎や、悪性腫瘍が原因で発症する場合があります。

肝臓病の症状

肝機能が低下すると、初期には食欲がなくなる、疲れやすくなる、嘔吐や下痢などの症状が見られます。

また、白目が黄色くなる黄疸や、おしっこがオレンジ色になるビリルビン尿が見られることがあります。

肝臓病の予防と治療

肝臓病の予防

普段の食生活の管理が重要です。

必要な栄養素をバランスよく配合した良質のフードを与えてください。

肥満は肝臓への負担となりますから、適切な体重コントロールをおこないましょう。

肝臓の異常は、血液検査によって早期発見することができます。

ふだんの様子から気づきにくい病気だけに、1年に1回は健康診断の一環として血液検査をするのがおススメです。

なによりも早期発見が最大の予防法です。

さまざまな治療

肝臓病の治療は、病気の種類や症状、原因によって異なります。

肝臓は再生能力が高い臓器なので、肝臓を保護する薬を投与し食事療法で肝臓への負担を減らすことによって、肝機能の改善が期待できるケースもあります。

外科手術や最新の再生医療で病状が緩和されるケースも報告されていますが、症例はわずかで費用も莫大になります。

食事管理

肝臓病になると、充分な量の食事を与えても、タンパク質を吸収できずにどんどん痩せていきます。

したがってタンパク質の補給が必要になるのですが、肝臓病になるとタンパク質の代謝によって発生するアンモニアを解毒できなくなり、高アンモニア血症のリスクが高まるというジレンマに陥ります。

この2つを両立させるために用いられるのが療法食です。

肝臓病に対応する療法食は、消化性の高いタンパク質で構成されており、摂取量を適切に調整して与えます。

また、肝リピドーシスの場合は脂肪の量を制限した療法食を与える治療をおこないます。

まとめ

愛犬が慢性的な肝臓病になった場合は、生涯にわたって治療を続けなければなりません。

かかりつけの獣医師さんの指示に従って、飼い主さんが毎日お世話をすることになるでしょう。

日々のお世話の量が増えて大変ですが、病気を悪化させないように、腰を据えて病気とつきあっていく覚悟が必要です。

タイトルとURLをコピーしました