独り暮らしの人がねこを飼う場合の心構えについて解説

スポンサーリンク
犬とねこ

独り暮らしをしている人が、ペットショップで目にした愛らしい子ねこの姿を見て、ねこを飼ってみたいと思うのは自然な感情だと思います。

しかし、独り暮らしの人は、ペットの世話を一人でしなければなりません。

その覚悟のないまま、衝動的に買ってしまうと、いざ実際に暮らし始めてから「こんなはずではなかった」と後悔するケースも少なくありません。

そこで今回は、そんな事態を避けるためにも、独り暮らしの人がねこを飼育する場合に気をつけておきたいことについて解説します。

ねこを飼うと活力が湧いてくる

ねこと一緒にいると活力が湧いてきます。

癒やし効果によって幸福ホルモンと呼ばれるオキシトシンの分泌量が増え、健康へのよい効果につなります。

アメリカの大学の調査によると、ねこを飼っている人の心臓発作の発症率は、飼っていない人よりも30%も低いという結果が得られたそうです。

ねこがいるおかげで感情表現が豊かになったり、明るく活動的になった人もいると思います。

「早く帰ってねこと遊びたいという気持ちから、残業が減ったり仕事をバリバリこなせるようになったという話も聞きます。

独り暮らしの飼い主さんが困ること

長時間の留守ができない

多くの飼い主さんの悩みが、長時間家を空けることができないことでしょう。

旅行をすることも難しくなるかもしれません。

ねこは非常に好奇心旺盛で活動的なので、家を空けている間にゴミを漁られたり、爪とぎをしてソファーやベッドがボロボロにされることもあるかもしれません。

疲れて帰宅したら家の中が荒らされていたら、かなり滅入ってしまいますよね。

病気やケガのトラブル

ねこが突然病気になったり、家の中でケガをしたりしても、飼い主さんが気がつくのは夜になってからです。

処置が手遅れになってしまうリスクも少なくありません。

独り暮らしの飼い主さんの対策

ねこの居住スペースの工夫

部屋の広さが大きくない場合は、上下運動ができるように空間を上手に使いましょう。

爪とぎやキャットタワーを設置して、留守番中も退屈しないような空間づくりをしてください。

トイレの設置場所も工夫が必要です。

ねこのトイレ臭はかなりきついので、リビングや寝室ではなく、掃除や換気のしやすさを考慮して廊下やバストイレの近くに置くのがいいでしょう。

食事については、日中ごはんが食べられるように、自動給餌器を利用するのもよいでしょう。

部屋に危険物を置かない

留守中の事故を防止するためには、危険なものをねこが届く範囲に置かないことが重要です。

ひも状のものはじゃれている間に首に巻きついたり、誤飲する危険があります。

電気コードに噛みついて感電することも考えられます。

コード類はすべて家具の後ろに這わせるかコードカバーで保護してください。

また、イタズラされて困るような高価なインテリアは置かないほうがいいでしょう。

長期間家を空ける場合の工夫

旅行や出張で数日間家を空ける場合にも放置は絶対にNGです。

ペットホテルや動物病院、知人宅、ペットシッターなど、安心して任せられる人の元に預けましょう。

1~2日の留守番なら大丈夫という方がいますが、万が一のトラブルにもすぐに対応できない可能性が高いことや、ねこに与えるストレスを考えると、決しておススメできません。

まとめ

独り暮らしの飼い主さんの一番の心配事は、ねこに長時間留守番をさせることだと思います。

ねこは比較的マイペースな動物ですが、ずっと放置されるとストレスが溜まってしまいます。

家に帰ってからは、留守番をしていたご褒美に必ず一緒に遊んであげてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました