ねこのルーズスキンについて解説

スポンサーリンク
犬とねこ

体のほかの部分は普通なのに、愛猫のお腹の肉がたるんでタプタプしていることはありませんか?

このようなお腹のたるみをルーズスキンといいます。

ルーズスキンとはなにか

ルーズスキンとは、後ろ足の付け根からお腹にかけての「たるみ」のことをいいます。

皮膚がやわらかく、伸びたようになっているので、歩くと左右に揺れるのでよくわかります。

ルーズスキンは年齢や肥満の程度とは関係なく見られるものです。

また、オス、メスどちらにも見られますが、一般的にはメスのほうが、ルーズスキンは目立つようです。

ホルモンが関係しているといわれています。

ルーズスキンには役割がある?

ねこは瞬発力が高く、素早く動いたり、体を反らしたり曲げたりすることができます。

ルーズスキンには、このような動きをしたときに、皮膚が突っ張らないように皮膚に余裕を持たせる役割があるといわれています。

また、ねこ同士のけんかの時や外敵に襲われた時に、内臓に致命傷を負わないようにするために、ルーズスキンがあるともいわれています。

ルーズスキンは、ライオンやトラ、チーターやヒョウ、ヤマネコなど、ネコ科の動物に見られる特徴です。

厳しい自然界を生き抜くためにも、ルーズスキンは大切な役目をしているといえますね。

ねこの成長とともに現れるルーズスキン

ルーズスキンが発生するのは、ねこ本来の体質です。

突然できるのではなく、ねこの成長とともに徐々に目立つようになります。

ねこそれぞれに、たるみの度合いが異なります。

避妊手術をしたり、何度も出産をしたりしたメスは、お腹の皮膚がより伸びてタプタプになることがあります。

ルーズスキンができやすい猫種があり、とくにアメリカンショートヘア、エジプシャンマウ、ベンガル、ピクシーボブなど、野生的で運動能力の高いねこに多く見られるということです。

これらのアクティブな猫種の瞬発的な動きへの対応のために、ルーズスキンが役に立っているのでしょう。

ルーズスキンに触れてみよう

ねこのお腹と後ろ足の付け根の間を触ってみてください。

厚めの皮だけを触っている感触であれば、普通の状態のルーズスキンです。

ルーズスキンをつまんでみて中に脂肪もあるような感触があれば、肥満の可能性が高くなります。

肥満解消のために、ダイエットさせてあげましょう。

痩せた結果、ルーズスキンが以前より目立って見えるようになるかも知れませんが、それが普通の状態です。

お腹のたるみがパンパンに張っていたり、異物感がある場合は動物病院に相談しましょう。

腹水がたまっていたり、排泄障害があるケースが考えられます。

まとめ

ルーズスキンは、健康にはまったく問題はなく、ねこの普段の動きを助け、ケガや事故から体を守る大切なたるみです。

海外でおこなわれているキャットショーでは、猫類によってはルーズスキンが高得点をもらえるポイントになっているそうです。

ルーズスキンは欠点ではなく魅力としてとらえられているようです。

ねこが振り向いた瞬間にお腹がブルンとなったり、小刻みに揺れたりする姿は、たしかにとても愛らしいですよね。

タイトルとURLをコピーしました