日本唯一の狛猫がある、京都峰山の金刀毘羅神社を解説

スポンサーリンク
グッズ紹介

神社になくてはならないシンボルといえば狛犬ですが、日本唯一といわれる「狛猫(こまねこ)」がある神社があるのをご存知でしょうか。

今回は狛猫で知られる京都府丹後市の金刀毘羅神社について、その由来を解説します。

狛猫がある峰山の金刀毘羅神社とは

峰山の金刀毘羅神社の由来

金刀比羅神社は文化8年(1811)に、現在の京都府京丹後市峰山町に創建されました。

峯山藩主の京極家は代々、讃岐の金毘羅権現を深く信仰していました。

8代藩主の京極高備(たかまさ)は丸亀、多度津藩の姻戚である京極家の協力を得て、金毘羅宮を勧請し、現在の地に社殿を建立しました。

以来、金刀比羅神社は「丹後峰山のこんぴらさん」として地元民から親しまれています。

境内社・木島神社を守る狛猫

峰山の金刀比羅神社を有名にしたのが、日本で唯一と言われる狛猫です。

金刀毘羅神社の境内社として、木島神社、猿田彦神社がひっそりと並んでいます。

木島神社は別名「蚕ノ社」と呼ばれる養蚕の神様で、この本堂を守るように一対の狛猫が鎮座しているのです。

晴明神社のご利益
京都市上京区にある晴明神社は、安倍晴明を祀る神社です。 安倍晴明は平安時代に朱雀帝、村上、冷泉、円融、花山、一条帝に仕えた陰陽師です。 陰陽師とは「陰陽五行説」に基づき、国家の方針や祭事についてアドバイスする役割をもつ官職です。...

狛猫が生まれた理由

丹後ちりめん発祥の地

丹後峰山は、丹後ちりめん発祥の地です。

今から約300年前、江戸時代享保年間に、峰山の絹屋佐平治は研鑚と改良の末、ちりめん織の技法を確立しました。

藩の奨励もあって、ちりめん織は丹後一円に広まり、峰山は国内有数の絹織物の集散地に飛躍しました。

峰山の町には、ちりめん問屋や糸屋が軒を連ね、各地からの織物業者で賑わい、周辺の村々では絹を生産するための養蚕が盛んになりました。

養蚕の天敵はネズミ

養蚕の大敵はネズミです。

ネズミはマユや蚕を食い荒らし、養蚕農家に大損害をもたらします。

そこで重宝されたのがねこでした。

蚕が飼われている部屋でネズミを追いやるねこは、養蚕になくてはならない大切な存在だったんですね。

狛猫の紹介

狛犬と同じように、左右の狛猫が阿吽の対となり木島神社の本堂を守っています。

向かって左側のねこは子どもを抱いているので、母ねこのようです。

子ねこの頭に手をのせて口を開けて「阿形」の態勢です。

ちょっと表情が怖いようにも感じますが、子どもを守っているからでしょうか。

母ねこにしがみつく子ねこは、とても可愛らしいですね。

一方、右側は口を閉じた「吽形」のねこです。

前方をしっかり見据えて凛とした姿は父親のように見えます。

まとめ

丹後市では2011年(平成23年)に市民有志によって「ねこプロジェクト」が発足し、ねこと丹後ちりめんをテーマにした「こまねこまつり」を開催し、狛猫は町おこしにも一役買っています。

お近くに行かれた際には、ぜひ「丹後峰山のこんぴらさん」にも足を運んでみてくださいね。

金刀毘羅神社
(住所)京都府京丹後市峰山町泉1165-2
(アクセス)
●山陰近畿自動車道「京丹後大宮IC」から約15分
●京都丹後鉄道「峰山駅」下車 徒歩約20分
●丹海バス「金刀比羅神社前」下車すぐ
タイトルとURLをコピーしました