【野良猫はほとんど鳴かない】ねこの鳴き方の意味

スポンサーリンク
ペットヘルスケア

ねこの鳴き声にはたくさんの種類があり、鳴き方の違いでそのときの気持ちを表しています。

愛猫の気持ちが理解できれば、ますますコミュニケーションの幅が広がり、危険を察知することにもつながるでしょう。

野良猫はほとんど鳴かない

野良猫は自分の居場所を外敵に察知される可能性を避けるために無駄には鳴きません。

一般的に、ねこ同士の意思疎通は身体を使って表現します。

たとえば、ねこ同士で鼻をくっつけたり、お互いにまばたきをゆっくりしているのは、相手に敵意がないことの表現だと考えられています。

人間と生活するねこが鳴く理由

人間と生活をしているねこは、飼い主さんに要求を伝える手段や意思疎通のために鳴いていると考えられます。

状況としては、「甘えや要求」、「不安や恐怖」、「発情・威嚇」の3つのパターンに分類することができます。

一般的にメスよりオスの方が多く鳴く傾向があるといわれていますが、猫種によっても傾向があり、当然ながら個体差があります。

ねこの鳴き方と気持ち

飼い主さんとのコミュニケーション

朝の時間帯に短い発声で、「ニャッ、ニャッ」と鳴くのは、おはようの挨拶です。

「ニャーン」など、訴えるように鳴くのは、食事が欲しいときや構って欲しいときで、甘えているときには、長めに「ニャーン」と可愛らしく鳴くこともあります。

不安なときには「ニャッ、ニャッ、ニャッ」と短めに鳴くことがあります。

ねこの本能

「クククッ」、「カカカッ」、「ケケケッ」と鳴くことをクラッキングといいます。

狩猟本能からくる興奮状態の行動で、鳥や虫などの獲物に反応しているときにみられる行動です。

発情しているときには、大きめの声で「ナーオ」と鳴きます。「シャー」、「フー」と鳴くのは威嚇しているときで、身体の毛が逆立ち表情も険しくなります。

ゴロゴロ音

ゴロゴロ音は、喉の奥の軟口蓋という柔らかい部分が感情に反応して、無意識に鳴らしています。

撫でられたり、ふみふみをしているときなど、安心していたりリラックスしているときに出す音のようです。

サイレントニャー

いつもと同じ表情で「ニャー」と鳴いているしぐさをしているのに、声が出ていないことがあります。この行動は通称サイレントニャーといわれています。

サイレントニャーは声が出なくなったのではなく、人間には聞き取ることのできない周波数で鳴いているのです。

飼い主さんに向けてサイレントニャーをしている場合は、飼い主さんへの甘えや信頼の表現であると考えられています。

気をつけたい鳴き方

いつもと様子の違う鳴き声で泣き続けている場合は、ケガや体に痛みがあるなど、何らかの異常がある可能性があります。

排泄中に悲鳴のような鳴き声を上げる場合は泌尿器系の病気の疑いがあるほか、若いねこが深夜にウロウロと歩きながら「アオーン」と鳴くのは、遊び足りなくて不満が溜まっている状態です。

高齢の場合は、認知症の可能性も考えられます。

「ウミャー、ウミャー」と鳴くのは生活の変化に不安を感じているサインで、ご飯を食べるときに「ナウン、ナウン」と鳴くのは消化不良が原因だと考えられます。

咳き込む感じやゼーゼー音が混じる場合は気管支炎の恐れがあるので、早めに動物病院を受診しましょう。

まとめ

ねこは様々な鳴き声で、飼い主さんに自分の気持ちや状況を伝えています。

飼い主さんはねこちゃんの声や表情やしぐさ、健康状態など全体をよく見て、健康管理やコミュニケーションに役立ててくださいね。

【レガリエ】獣医師共同開発!国産×グレインフリーキャットフード

【レガリエ】の申し込みはこちらから

タイトルとURLをコピーしました