暑い夏の散歩の注意点を解説

スポンサーリンク
グッズ紹介

基本的に犬は暑さに弱い動物です。

とくに日本の夏は犬にとって非常に厳しい環境です。

今回は暑い時期の散歩の注意点について解説します。

犬が暑さに弱い理由

なんといっても全身を被毛に覆われていることが、犬が暑さに弱い一番の原因です。

犬は人間よりも体温が高いので、その分だけでも暑さを感じやすく、全身に汗腺を持つ人間と違って、犬の汗腺は足裏の肉球にしかないので体の冷却機能も低いのです。

したがって、一度体に熱がこもると簡単に放熱することができず、熱中症の高いリスクにさらされることになります。

危険な夏場の散歩

高熱になるアスファルト

夏の日差しは、アスファルトの地面を60℃以上まで熱します。

人間が熱されたアスファルトの上を裸足で歩き続けることを想像してみてください。

これは犬でも同じことで、高温のアスファルトの路面に長時間触れ続けていると、肉球に火傷を負ってしまいます。

また、人間よりも地面に近い高さを歩く犬にとって、灼けたアスファルトの反射熱も大きな負担になります。

体温調整が難しい犬の体の機能

排熱が苦手な犬の熱中症リスクは人間以上です。

人間は全身にある汗腺から汗を出して体温を調整します。

一方で、犬の汗腺は足裏の肉球など一部にしかありません。

発汗による体温調整がほとんどできないので、犬は舌を出しハァハァ息をして、体内にこもった熱を口から吐き出し、外気を取り入れて体温を下げようとします。

高温だけでなく高湿度の影響も大きい

熱中症のリスクは、単純に気温の高さだけでなく湿度の高さも影響します。

雨上がりには、路上の水分が水蒸気になり高温多湿のサウナ状態になるため、熱中症リスクはさらに大きくなります。

散歩時間を変更しよう

熱中症のリスクを抑えるために、夏場の散歩は5時~7時の早朝を検討しましょう。

夜間の散歩は暑さ対策にはなりますが、散歩のひとつの目的が日光浴であることを考えると、「散歩はいつも夜だけ」という状態は避けるべきかと思います。

また、夜間人通りの少ない道を通る場合については、交通事故など別のリスクがあることも理解してください。

散歩グッズの上手な使い方

クールウェア

犬用のクールウェアは、メッシュやパイル地など通気性のよい素材でできているので、散歩やアウトドアなど、暑い日の外出用におススメのグッズです。

紫外線から愛犬を守ってくれるほか、水で濡らして絞ってから着せれば熱中症対策になります。

保冷剤

犬の首には太い血管が通っています。

おしゃれなバンダナスタイルの保冷剤や冷却ベルトを首に巻いてあげると、効率よく体温を下げることができます。

冷やすのは首の後ろではなく首の前の方だという点に注意してください。

ドッグシューズ

犬用の靴はアクセサリーではなく、暑さ対策をはじめ冷たい雪道や災害時にも活躍する機能を備えています。

夏場の熱せられた地面から、ワンちゃんの肉球を守る便利なグッズです。

ペットボトル

夏場の熱中症対策に水は欠かせません。

散歩の際には必ず水を持参して、散歩中に水を飲ませてあげましょう。

おススメのグッズは犬用のウォーターボトルです。

片手でも水を与えられるように工夫された形状になっていて、散歩用のバッグにも入れやすいコンパクトなサイズのものがあります。

クールスプレー

散歩前や帰宅後に手軽にクールダウンできるグッズです。

冷却効果のあるスプレーを犬の体に吹きつけ、直接クールダウンさせることができます。

まとめ

日本の夏は、気温だけでなく湿度も高いので、犬にとっては大きな負担です。

犬の散歩は欠かせない日課ですが、外出する時間帯を考え、暑さ対策のグッズを駆使して、健康に無理なく散歩できるように備えてくださいね。

危険!熱中症の危険を解説
このごろは毎年暑い夏が続きますね。 気温40度を超えるような異常高温には、人間だけでなく、ワンちゃんもダウン寸前です。 当然ですが、ワンちゃんだって熱中症になります。 急激な体温の上昇のため、口を大きく開けて、ハァハァと息...
タイトルとURLをコピーしました