夜の散歩のメリット・デメリットを解説

スポンサーリンク
グッズ紹介

散歩は犬にとても大切な時間です。

とくに、長い時間留守番をしていた犬にとっては、屋外に出ることはこの上ない喜びです。

生活の都合で、早朝や日中ではなく、夜に散歩をしている飼い主さんも多いと思います。

今回は、夜の犬の散歩について、メリット・デメリットとともに解説します。

夜の散歩のメリット

気温が下がること

とくに夏場は夜の時間帯に散歩という飼い主さんも多いようです。

気温だけでなく地表の温度も下がるので、肉球をヤケドする恐れもありません。

強い紫外線による皮膚の炎症や目の粘膜が刺激されるリスクもありません。

静かなこと

子供の騒ぐ声や、車やオートバイ、工事現場の音などの人工的な音が苦手な犬の場合は、静かな夜の散歩は快適に感じるでしょう。

知らない人や犬と出会うことが少ないこと

怖がりの犬の場合は、ほかの犬や知らない人に出会う可能性が少ない夜の散歩が向いています。

外の環境に敏感な犬のトレーニングとして、まずは夜の散歩で環境の変化に慣れさせることが有効にはたらくかもしれません。

夜の散歩のデメリット

犯罪や事件のリスクがあること

都市部では、日中に比べて深夜は犯罪件数が増えます。

散歩中に犯罪に巻き込まれる可能性もゼロではありません。

自分の命もさることながら、飼い主として愛犬も守らなければいけません。

夜道を歩く際には、必ず懐中電灯を携帯し、できるだけ街灯がある明るい道を選びましょう。

交通事故のリスクがあること

見通しが悪い夜間の散歩では、交通事故にも気をつけましょう。

飼い主さんが黒っぽい服装をして、愛犬も黒い犬だったら、車を運転している人には間近に車で存在に気がつかないですよね。

したがって、飼い主さんはできるだけ白っぽい服を着るか、光を反射する素材を用いたベストやタスキなどを身につけ、愛犬にも反射素材を使ったリードや反射板がついた首輪などを装着してください。

夜の散歩で通る道は、危険個所がないかどうか、昼間の明るいうちにチェックしておきましょう。

落ちている物に気づかないこと

道端に落ちているものを、愛犬がひょいと口に咥えてしまっても、暗い夜道ではそれを確認することが難しいです。

また、地面には人間が落としたゴミやガラスの破片など、危険な物がたくさん落ちています。

そんなときも真っ暗な夜道ではなかなか気づきにくくなります。

夜の散歩の安全対策

光るアイテムを利用する

人間より体高の低い犬は、車や自転車から気づきにくい傾向があります。

とくに、小型犬や黒い犬は、夜道ではほとんど見えません。

事故対策としては、光る首輪やリードなどを装着しましょう。

飼い主さんの服についても、光りを反射る素材のものをおススメします。

リードは短く

夜の散歩では、リードを短く持つことも大切です。

伸縮リードを伸ばしていたり、長めのリードでは、犬が離れてしまって危険度がアップします。

また、犬は車道と反対側を歩かせるのが基本です。

気になるのは日光を浴びないことによる影響

動物と日光浴の関係

近年、紫外線から受けるダメージがクローズアップされていますが、適度な日光浴は人間にとっても犬にとっても重要です。

太陽の光には殺菌効果があることが知られています。

日光に当たることで、皮膚病の予防が期待できるといわれています。

動物は朝日を浴びることによって体内時計がリセットされ、幸せホルモンである「セロトニン」が分泌し、ホルモンバランスや自律神経の働きを調節します。

日光浴は骨を丈夫にする

太陽の光を浴びることで体内にビタミンDが合成され、カルシウムの吸収を助けてくれます。

カルシウムは犬にとって大切な栄養素です。

食事にカルシウムが豊富に含まれていても、ビタミンDの助けがないとカルシウムを吸収できないのです。

まとめ

飼い主さんとの散歩は、愛犬にとってご飯の時間と同じくらい楽しみで大切な時間です。

生活環境から、愛犬との散歩がどうしても夜になってしまう飼い主さんも多いと思います。

そのような場合も、犬は太陽の光を浴びることが重要であることを知っていただきたいのです。

タイトルとURLをコピーしました