ねこが夜行性だというのはウソである理由を解説

スポンサーリンク
犬とねこ

ねこが夜行性だというのは昔からの常識だとして、当たり前のように信じている人が多いのではないでしょうか。

でも、よく考えてみると愛猫と一緒に朝までぐっすり寝ている飼い主さんは多いですよね。

つまり、ねこは必ずしも夜行性というわけではないのです。

ねこの本当の活動時間

結論からいうと、ねこは夜行性ではなく、「明け方と夕暮れに一番活発に動く」動物です。

野生時代から、ねこは夕暮れ時にネズミなどの小動物が活動する時間と、朝方に鳥が活動を始める時間に合わせて活発に狩りをする習性があるのです。

夜中に活動する理由

体力が有り余っている

夜行性ではないねこが夜中に大運動会を開催したり大きな声で鳴く理由は、昼間のうちに体力を消耗しなかったため眠くなかったり、遊び足りないためだと考えられます。

自然界では朝方や夕方に狩りをすることで体力を消耗するので、夜中は静かに眠って体力を温存しますが、家で生活をしている飼いねこは狩りをする必要がないので、体力が有り余って眠れなくなるのです。

かまってほしい

飼い主さんが仕事などで帰りが遅くなると、ねこは朝から晩まで長時間、留守番をすることになります。

長時間一人きりで留守番をしていたのに、やっと帰ってきたご飼い主さんがすぐに寝てしまうと寂しくなってしまいます。

もっと一緒に遊んでほしい、かまってほしいという思いから、飼い主さんを夜中に起こそうとするのです。

あるいは飼い主さんがいつまでも寝ない様子を察知すると「寝ないなら一緒に遊ぼうよ!」とアピールします。

空腹や病気のため

お腹が空いてご飯を催促するために鳴いている可能性もあります。

ダイエット中でフードの量を減らしている場合は、給餌の時間を就寝直前に変えるなどして、夜中にお腹が空かないように工夫をしましょう。

病気やケガで眠れない可能性もあります。

痛みで寝つきが悪い、苦しくて眠れない、体がつらいという理由から、夜中になっても眠れないのかもしれません。

発情期

避妊去勢手術を行っていない場合は発情期が関係しているかもしれません。

発情期のねこはパートナーを探して鳴き続けます。

ねこに寝てほしい場合にはどうしたらいいか

満足するまで遊ばせる

夜中暴れる愛猫にぐっすり眠ってもらうためには、疲れるまで遊ばせるのが効果的です。

疲れるまでとことん遊んであげることで、飼い主さんにたくさん遊んでもらったという満足感も得られます。

飼い主さんの生活を変化させる

飼い主さんが夜型で深夜までお部屋の中が明るく、テレビや音楽がつけっぱなしだと、ねこも眠れません。

ねこは非常に敏感で、ほんの少しの人の気配でも気になってしまうのです。

専用のゲージやベッドを用意して、寝る時間になったら電気を消して、ねこが寝ている部屋には極力立ち入らないようにしましょう。

まとめ

ねこは厳密にいうと夜行性ではなく、明け方と夕暮れに活動的になることを紹介しました。

ねこの夜中の大暴れに悩んでいる飼い主さんには、ここで紹介した対策を試してみて、愛猫の快眠のお手伝いをしてあげましょう。

タイトルとURLをコピーしました