愛犬の階段の昇り降りの危険について解説

スポンサーリンク
グッズ紹介

自宅の階段での危なっかしい姿を見て、愛犬に階段の昇り降りをさせることに危険を感じている飼い主さんは多いと思います。

できれば階段を使わないようにしたいと思っていても、2階にリビングや寝室がある場合は、使わざるを得ないこともあるでしょう。

今回は、犬にとって階段が危険な理由と、昇り降りを避けられない場合の安全対策について解説します。

犬は段差が苦手

階段を降りられない犬

犬は段差が苦手です。

犬の体の構造は、高い所にのぼりたがるねことは違って昇降運動をするのに向いていません。

階段の昇り降りは、人間にとっては少し足を上げるだけの動作ですが、犬にとってはカラダ全体の重さが腰にかかる姿勢になるため、ダメージや恐怖感は相当なものになります。

たとえば、階段を登ることはできても、降りることができない犬がいます。

降りる時の前傾姿勢は犬にとって非常にバランスをとりにくい体勢であり、犬は恐怖を感じて体がすくんで降りられなくなるのです。

そもそも住宅の階段のステップ幅は、4本足で歩く犬には狭すぎます。

犬が階段から落ちる理由

犬が階段から落ちる確率が高いのは、無理な姿勢をとる下りの場面です。

犬の体は頭部に重さが集中しているため、圧倒的に上半身が重いのです。

階段の下りの時は重い上半身が下になるためにバランスを取ることが難しく、ステップを踏み外して階段から落下する事故が増えてしまうのです。

とくに注意が必要な犬の特徴とは

重い上半身を下に向け、ゆっくりと降りていく動作は、腰に全体重がかかります。

そのため、頻繁に階段の上り下りをしている犬は、椎間板ヘルニアになりやすい傾向があると指摘されています。

足腰が弱ってきている老犬や胴長短足体型のダックスフンドやウェルシュ・コーギーなどは、階段の昇り降りにはとくに注意が必要です。

腰の負担が大きくなると、椎間板ヘルニアになる危険性が高まります。

椎間板ヘルニアは、重症の場合は下半身に麻痺が残ってしまう可能性もある大変危険な病気です。

愛犬が骨折してしまったときの対処法を解説
愛犬が脚を引きずっていたり、歩くのを嫌がっていたら、ワンちゃんは脚をケガしているかもしれません。 激しい痛みを訴えたり、ケガの部位が腫れている、脚が変な方向に曲がっているような場合や、痛みのある脚には体重をかけずに地面から浮かせた状態...

階段事故をなくすためにできること

ゲートの設置

愛犬に階段に入ってほしくない場合は、人間の赤ちゃんでも同じですが、柵や扉をつける対策が有効です。

柵は階段の昇り口と降り口の2か所に設置しましょう。

家族が階段を使う場合に毎回、扉を開けなければならないのは手間ですが、大切な愛犬の安全対策を最優先しましょう。

滑り止めマットの設置

階段の落下事故の原因のひとつに、階段のフローリングが滑りやすく犬が踏ん張ることができないことが挙げられます。

滑り止めマットの設置は滑り止めのための有効な対策となり、落下事故はグッと減るはずです。

まとめ

犬にとって階段は危険なものです。

飼い主さんの目の届かないときに、頭部の強打や骨折事故が起こる可能性があります。

大切な愛犬が階段からの転落事故に遭う前に、滑り止めマットや柵の用意をおススメします。

愛犬が安心して昇り降りできる階段は、飼い主さんや家族にとっても安心ですよね。

家族全員の安全のためにも階段対策をしておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました