犬にとっての最適室温と寒暖対策を解説

スポンサーリンク
ペットヘルスケア

室内で犬を飼っている家庭では、季節に合わせてエアコンや暖房器具を使っていると思いますが、具体的に犬にとっての最適な室温を把握している飼い主さんは少ないように感じます。

そこで今回は、犬が屋内で快適に過ごせる室温と対策について解説します。

犬にとって快適な温度とは

犬種による違い

犬は基本的に暑さに弱いとされていますが、犬種によっては寒さに弱い犬種もいます。

ダブルコートと呼ばれる被毛が二重になっている犬種は、シングルコートの犬種よりも暑さに弱く、寒さに強い傾向があります。

反対に、シングルコートの犬種はダブルコートの犬種よりも暑さに強く、寒さに弱いのです。

したがって、快適な温度については、犬種によって差があることを知っておきましょう。

ダブルコートの犬種の場合

ダブルコートの犬種の場合、夏場の室温を23~26℃に保つと良いとされており、冬場は寒さに強いため、19~23℃が適切な室温です。

シングルコートの犬種の場合

シングルコートも夏場は22~25℃とダブルコートとあまり変わりはないのですが、寒がりなので、冬場は20~25℃とやや高めに室温を設定する必要があります。

暑いときの犬のサイン

犬は自分で冷たい場所を探す

犬は暑いと感じると、自分で快適な場所を探します。

エアコンで冷やされているフローリングや、玄関のコンクリートの土間などに移動して、その場所に伏せて寝そべることが多いです。

この時点では、まだ耐えられないほど暑いというわけではないので、エアコンの設定温度を1℃下げたり、風量を強くするなどの対策をしてあげましょう。

息づかいが荒くなる

危険な温度になると、犬はハアハアと舌を出し、荒い息づかいになります。

この状態を見かけたら、なるべく早く室内を冷やし、氷を舐めさせてあげるなどの対策を取ってください。

寒いときの犬のサイン

体を丸める

体を丸めるのは犬が寒さから身を守るためにおこなう防衛姿勢です。

この場合は、室温を上げるためヒーターや暖房の温度を高めに設定したり、ブランケットを渡してあげるなどの寒さ対策が有効です。

ほとんど動かなくなる

寒すぎる時には、体を丸めるだけでなく、いつもは元気な愛犬がまったく動こうとしない状態になることもあります。

そのほか、体をブルブルと震わせることもあります。

これらの反応は室温がかなり低いと感じている証拠なので、暖房を強めに設定してあげましょう。

水を飲まなくなる

寒い時期は、どうしても水を飲む量が少なくなる傾向があります。

飲水量が減るとオシッコの出も悪くなり、泌尿器系のトラブルにつながる危険性もあります。

犬が水を飲まなくなったときは、飲み水にお湯を足して温めたり、複数箇所に水飲み場を設置するなど、水を飲みやすくなるような工夫をしましょう。

まとめ

人間が快適だと思う室温が、必ずしも犬にとっても心地よいとは限りません。

犬は「暑いよ、寒いよ、どうにかしてよ!」と言葉を発することができません。

普段のちょっとした行動を観察して、室内の温度調整をおこなうように心がけましょう。

とはいえ、たとえば夏の室温を26℃以下に保つというのは現実的ではないので、エアコン以外にも様々なグッズを活用して、愛犬が快適に過ごせるような工夫をしましょう。

タイトルとURLをコピーしました