ペットロスの克服法について解説

ペット保険

愛犬との暮らしは私達に多くの感動や幸せを与えてくれる一方で、しかし、いつかは愛犬と別れなくてはならない時が、やって来ます。

家族同然の愛犬を亡くしてしまうと、耐え難い悲しみや苦しみなどはもちろんですが、その他におm,無力感や喪失感等、様々な感情が押し寄せてきます。

愛犬が長い闘病の末亡くなった場合は、後悔で苦しくなりますよね。

その場合に、ペットロスになってしまうことも。そこで、ペットロスからの克服と原因や、立ち直り方についてご紹介したいと思います!

心身に不調をきたすペットロス

実際、愛犬が亡くなった事を受け入れる事が出来ず、心身に不調をきたす「ペットロス」になってしまう人も最近では増えてきています。

晩婚化が進み、ペットが家族の一員という方はとても多いです。

愛犬を亡くす事はとても悲しい事ですが、少しずつ気持ちを整理して、ペットロスから抜け出さなくてはいけません。

愛犬に手紙を書いてみよう

愛犬に手紙を書いてみるのもおすすめです。

愛犬との思い出や感謝の気持ち、後悔していることや、謝りたいことを抱えていませんか?

手紙を書く事によって気持ちを整理し、現実を受け入れやすくなります。

新しい犬を家族に迎え入れる

新しい犬を家族に迎えることも効果的です。

亡くなった愛犬に代わりはいないので抵抗がある方もいますが、もう一度犬と一緒に暮らしたいという思いがあれば、新しいペットが家に来てくれることで、気持ちが楽になることもあります。

「あの子にしてあげられなかった事をしてあげたい」と言う思いが自然と出てきているなら、新しい犬を迎えるベストタイミングになります。

ペットロスから立ち直るまでの期間はどのくらい?

ペットロスから抜け出せる期間は人により様々です。

その時の状況によりますが、もしもペットに依存をしている場合や、思い入れがある場合、1か月の人もいれば5年、10年経っても、ペットロスを引きずってしまう人もいます。

多くの人は愛犬と一緒に暮らした歳月が長いほど、別れを受け入れるまでにとても長い時間がかかることになります。

家族同然のワンちゃんを失った悲しみは簡単に癒されるものではありません。

まとめ

ペットロスで苦しんでいませんか?

その場合は第三者に相談をしてみたり、供養をしてあげること、手紙を書いてあげることや、新しい犬を迎え入れてあげることが大切です。

ペットロスを乗り越えるためには、愛犬との楽しかった記憶を沢山思い出してあげるためにもさまざまなことを思い切りしてあげてくださいね。

後悔していることがあっても、あまり自分を責めずにペットロスを克服していくようにしましょう。

ペット葬儀110番は、安心できるサービスで追加料金無し、また体重で料金が決まるという画期的なサービスです。

多くの人が利用しているペット葬儀110番なら、大切なペットとのお別れを丁寧にサポートしてくれます。


タイトルとURLをコピーしました