ペットロスになりやすい人

スポンサーリンク
ペットヘルスケア

人間関係や仕事など、さまざまな問題で悩み混乱している時でも、ペットの存在は心の拠り所になってくれます。

どんなに辛い時でも、ペットは無条件に飼い主さんを受け入れてくれるからです。

でも、楽しく一緒に過ごしてきたペットは人間よりも先に亡くなってしまいます。

その悲しさからペットロスの症状が深刻化してしまう人も多く、最近ではペットロスに関するセラピーをおこなっている病院が増えています。

ペットロスの症状

ペットを喪ってから意気消沈し、意欲喪失や食欲不振のほか、眩暈や立ち眩み、下痢や嘔吐を繰り返し、実生活に支障がでるケースもあります。

頭の中ではペットロスとは解っていても、自分で心のコントロールや気持ちの整理がつかず、後悔や情けなさでマイナス思考がスパイラル化して抜け出せなくなることで鬱状態が重症化し、最終的に鬱病になってしまうこともあります。

ペットロスになりやすい人の特徴

死んだ子の歳を数えるタイプの人

責任感の裏返しで、「もしあの時こうしていたら、あの子はもっと長生きできたのでは」などと考えて後悔を繰り返してしまう人がいます。

「もし」を過去に求めても戻れるはずがないのに、答えのない堂々巡りによってどんどん自責の念を募らせ、自分を追い詰めてしまうのです。

ペット中心の生活をしていた人

生活のサイクルがペットを中心に回っていた人にとって、喪失感は重くのしかかりやすいのです。

ペットとの生活におけるルーティーンやサイクルが乱れることでペットロスが深刻化してしまいます。

ペットと人間のように接していた人

ペットを「子どものように」ではなく、「子どもとして」可愛がってきた人にとって、ペットを喪うことは子どもに先立たれた親の心境とオーバーラップしてしまいます。

人間に対するように日常的にペットに話しかける頻度が高ければ高いほど、ペットロスが深刻化しやすいです。

長年の日課や癖はなかなか抜けず、話しかけたあとペットがいないことを実感してペットロスが深刻になってくることもあります。

ひとり暮らしの人

家族と一緒に暮らしている人とそうでない人では大きな違いが現れます。

家族がいれば家族に話しかけることができますが、ひとり暮らしの場合は独り言が癖になってしまい、寂しさが増してしまう傾向にあるからです。

単頭飼いであれば寂しさはさらに強まります。

これとは逆に、ひとり暮らしの人が飼育の限界を超えた多数の犬猫を室内で飼って問題化するパターンがありますが、これはペットロスによる喪失感を恐れるあまりの現象だといわれています。

まとめ

犬猫の寿命は長くても10~20年未満です。

愛するペットが亡くなってしまった際にはほとんどの人が悲しみや喪失感のつらさを経験することになりますが、いつかは別れの時が来てしまうことを考え、覚悟をしておくこともペットロスを軽減させる手段のひとつだと思います。

また、あたらしいペットを飼い始めることもペットロスの悲しみを癒すひとつの手です。

あるペット保険会社のアンケート調査によると、ペットを亡くした人がその悲しみを癒すきっかけとして一番多かったのは、あたらしいペットを飼うという答えでした。

 

タイトルとURLをコピーしました