ペット不可物件で犬猫を飼うとどうなるかを解説

スポンサーリンク
犬とねこ

ペット不可マンションと知りながらもこっそり犬猫を飼っている飼い主さんがいます。

「バレなければ大丈夫」と安易に考えているのでしょうが、それは大きな間違いです。

近所付き合いが希薄な現代ですが、周囲の人は見ていないようで結構見ているものです。

世の中には、ペットが嫌いな人や動物アレルギーの人もいます。

当然ですが、ペット飼育不可物件というのは、そのような入居者の利益が優先されるのです。

契約違反を甘く考えているととんでもないことになる

ペットを飼っていることが管理会社やオーナーさんの耳に入った場合、契約違反を指摘される可能性があります。

その場合、ペットを手放すことを提案されるケースもありますが、それができない場合は退去を求められることもあります。

契約違反の入居者は強制退去を命じられても文句がいえません。

「友人から短期間預かっただけ」という言い訳も、仮にそれが本当だったとしても通用しません。

すぐに友人に返すように求められます。

退去した場合は、もちろん敷金は返ってきません。

それどころか、敷金だけでは賄えない室内の修繕や消臭のための費用、他の住人に迷惑をかけてしまった場合は、損害賠償も請求される可能性があります。

内緒でペットを飼うというのは、それだけのリスクが伴うことなのです。

どこまで禁止なのか

ペット禁止物件というのは、基本的に犬猫を想定しています。

それ以外の、とくに小動物については、禁止されているかどうかを入居時に契約書で確認しておきましょう。

うさぎ、ハムスター、フェレット、鳥、爬虫類や両生類、熱帯魚などが考えられます。

犬猫は隠れて飼ってもすぐにバレる

犬の鳴き声を止めることはできません。

よくあるクレームは、飼い主さん不在時の犬の鳴き声です。

単身世帯や共働き世帯など、飼い主さんが留守がちだと、犬はさびしくてずっと鳴き続けてしまいます。

留守中の飼い主さんはそのことを知らず、近隣の入居者さんが耐えかねてクレームを入れるというパターンがほとんどです。

深夜にねこが走る足音も、下の階の住民にはわかってしまいます。

こっそりねこを飼っている人は、鳴き声のほか、日向ぼっこしているのを窓の外から見られて発覚することが多いそうです。

クレートに入れてエレベーターに乗れば、住民と乗り合わせることもあるし、臭いも残ります。

仮に引越しの時までペットの存在が外に漏れることなく過ごせたとしても、引渡しの立ち会いの際に管理会社の人が室内の様子を見れば、ペットを飼っていた痕跡は確実にわかります。

ペットの健康に悪影響が及ぶことも考えよう

飼育がバレないようにするために飼育環境が悪くなることも考えられます。

犬は声を上げることもできず、自由に室内を駆けまわれないし散歩にも出られない。

ねこは窓際から外を見渡すこともできないのです。

また、ペット不可物件のマンションの構造は、基本的にペットと暮らすことには適していません。

このような飼育は動物虐待の範疇ではないかと疑ってしまいます。

まとめ

ペット不可の賃貸物件で無断でペットを飼うことは、想像以上にデメリットが大きいものです。

決められたルールに従うことは、建物や他の入居者のためでもあるし、何よりもペットのためなのです。

飼い主さんの身勝手な考えで無用なトラブルを起こすことがないように、ルールはきちんと守りましょう。

タイトルとURLをコピーしました