晴明神社のご利益

スポンサーリンク
グッズ紹介

京都市上京区にある晴明神社は、安倍晴明を祀る神社です。

安倍晴明は平安時代に朱雀帝、村上、冷泉、円融、花山、一条帝に仕えた陰陽師です。

陰陽師とは「陰陽五行説」に基づき、国家の方針や祭事についてアドバイスする役割をもつ官職です。

幼いころから利発で知られた安倍晴明は、若くして天文学や占星術を極め、星や雲の動きから朝廷の異変を予知したり、国の吉凶を占ってきました。

晴明神社の由来

安倍晴明は朝廷の多くの人の信望を集め、1005年に享年85歳で亡くなりました。

一条天皇はかれの功績を称え、晴明は稲荷神の生まれ変わりだとして1007年に晴明の屋敷跡に神社を創建しました。

これが晴明神社の由来です。

その後、戦乱などによって社殿は荒れ果てた状態が長く続きましたが、幕末以降、社殿の整備がおこなわれ、1950年に現在の境内が完成しました。

晴明神社の境内のいたるところに、陰陽師のシンボルである五芒星をかたどった社紋が施されています。

晴明神社とペット健康祈願

晴明神社は魔除け、厄除けにご利益があるといわれています。

そして人間だけでなく、ペットが毎日健康で過ごせるようにと、晴明神社ではペットの健康祈願を受け付けています。

ペット健康祈願の内容

受付はネット申し込みが可能で、対象のペットは犬猫に限りません。

祈祷料はペット1体につき3,000円です。

晴明が祀られている本殿で、宮司自らが丁寧に祈祷をし、祈祷後約10日でペット専用の祈願札と御守が自宅まで届きます。

祈願札・御守がおしゃれ

祈願後に祈願札と御守が自宅に届きますが、結構おしゃれです。

こちらが祈願札と御守です。

祈願札はケージや散歩用カートなどにつけてほしいとのことです。

そして御守のほうは首輪やハーネスにつけるとピッタリ、すごくおしゃれです。

五芒星マーク入りの御守はお友だちに自慢できちゃいますね!

全国にあるペット祈願のお寺や神社

晴明神社に限らず、ペットの健康祈願ができる神社仏閣は全国にあります。

たとえば関東なら、市谷亀岡八幡宮(新宿区)や座間神社(神奈川県座間市)武蔵御嶽神社(東京都青梅市)などが有名です。

市谷亀岡八幡宮では、護符や御守のほか、バンダナやストラップ、飼い主さんとペットの名前が彫られたオリジナルのストラップ式「彫りお守り」もあります。

これらの神社では、「わんこの七五三」参りなどのイベントもあるそうですよ。

ワンちゃんねこちゃんと一緒に参拝できるお近くの神社仏閣を探してみても楽しそう💛

神社にお参りするときにはくれぐれもマナーを守ってくださいね。

タイトルとURLをコピーしました