【子犬をうちに迎えたら】低血糖症に注意     

スポンサーリンク
ペットヘルスケア

子犬を家族に迎えてすぐの時期に起こしやすい病気のひとつに低血糖症があります。

子犬の低血糖症は、発症した場合には速やかな対応が必要です。

低血糖症とは、その名の通り何らかの原因で血糖値が極端に低くなった状態のことで、多くの場合元気がなくなり、ふらつきや痙攣、ひどい時には昏睡といった症状を起こすことがあります。

成犬でも病気が原因で低血糖症を起こすことはありますが、とくに生後3ヶ月齢までの子犬の場合には、これといった病気をかかえていない場合でも低血糖を起こしてしまうことがあるのです。

低血糖症のメカニズム

生後間もない子犬には、グリコーゲンという肝臓内に蓄えられている栄養分が充分でないことが原因で低血糖症が発症します。

子犬を自宅に迎えて間もない時期は、生活環境の急激な変化などの影響で、ごはんをしっかり食べてくれなかったり、嘔吐や下痢をしやすい傾向があります。

体に必要な血糖値を維持することができなくなった結果、元気をなくしたり、痙攣したりといった低血糖症による症状を起こすのです。

子犬の低血糖症は基本的にどの犬種でも発症する可能性はありますが、なかでもチワワをはじめとした超小型犬の子犬については、とくに注意をしてあげましょう。

低血糖症の症状

子犬が低血糖症を起こすと、はじめはなんとなく元気がない様子になります。

速やかに処置をしないと、子犬はどんどん動きがにぶくなっていきます。

やがてほとんど寝たきりになり、ぐったりした様子になり、意識がぼんやりしてきます。

さらに状態が悪化すると、全身が痙攣したのちやがて昏睡状態になります。

そのまま適切な処置がおこなわれない、あるいは処置が遅れると死亡するケースもあるのです。

低血糖症の治療

意識喪失や痙攣など、低血糖症を疑う症状をみせた場合には、動物病院では緊急処置としてブドウ糖を加えた点滴をおこないます。

血糖値が回復すればすぐに意識を取り戻して、ケロリとすることもありますが、低血糖が重度だったり、低血糖状態が長く続いた場合には、救命できないケースもあります。

軽症で意識がしっかりしている場合には、応急処置としてブドウ糖液を飲ませることもあります。

食欲が出て、子犬が自力でごはんを食べられるようになれば退院できますが、帰宅したあとは、こまめに食事を与えたり体を冷やさないようにしたりといった丁寧なケアをしてください。

低血糖症の予防と応急措置

犬が低血糖症を起こさないためには、飼い主さんが子犬は低血糖症を起こすことがあることを知っておく必要があります。

普段から子犬の食欲には注意してくださいね。

子犬を迎えてすぐの時期は、環境の変化にとまどって、ごはんをあまり食べてくれないことはよくあります。

その場合はそのままにはせず、少しずつでも構いませんので、1時間や2時間毎を目安にこまめに食事を与えましょう。

個体差もありますが、子犬は半日ほど何も食べない状態が続くと低血糖症を起こしてしまう可能性が高くなります。

子犬に食欲不振、下痢、嘔吐といった症状がある時には、早めに動物病院を受診しておくことを強くおススメします。

子犬に意識があれば、病院に行くまでの応急処置が可能かもしれません。

濃い砂糖水を指で口の中の上あごの粘膜に塗ってみて、少しでも舐めてくれれば、血糖値が回復するかもしれません。

ただし元気を取り戻したように見えた場合でも、その後すぐに動物病院に連絡して指示を仰ぎましょう。

タイトルとURLをコピーしました