ねこを新幹線に乗せるときの注意点を解説

スポンサーリンク
犬とねこ

実家に帰省するときや旅行に行く時など、大切な愛猫を一緒に連れていきたいと考えている飼い主さんも多いはずです。

心配なのは、ねこの体調と公共の乗りものを利用する際の周りへの配慮ではないでしょうか。

今回は、事前の準備や乗せ方のコツなど、新幹線にねこを乗せる際の注意点を解説します。

ねこを新幹線に乗せるための事前の準備

体調管理

新幹線に乗る前日と当日の食事は、消化に良いものを少な目に与えてください。

車中で嘔吐などしないように体調管理に注意しましょう。

乗り物酔いの不安があれば、動物病院で酔い止め薬を処方してもらえます。

キャリーケースについて

常識ですが、ねこはキャリーケースに入れて乗せなければなりません。

通気性がよく、落としても壊れない頑丈なものがいいでしょう。

キャリーバッグが苦手なねこも多いので、事前にキャリーバッグに長時間入っていることに慣れさせるトレーニングが必要です。

キャリーケースの破損や脱走といった非常事態に備えて、キャリーケースの中でもハーネスとリードを装着しましょう。

新幹線の騒音や揺れに酔うことがあるかもしれません。

キャリーケースの中には粗相や嘔吐したときに交換できるようにトイレシートを敷き、予備は多めに持っていきましょう。

普段使っているタオル、毛布やオモチャなどを入れてあげると落ち着きます。

移動中はねこに食事を与えることはできません。

ただし、水分補給は可能ですから、スポイトでこまめに水分補給をしてあげてください。

新幹線に乗るためには

手回り品切符を買う

新幹線では、ペットを乗せるときに「普通手回り品きっぷ(280円)」が必要です。駅の窓口や改札口で忘れずに購入してください。

料金を払ってねこ分の座席指定券を購入すれば隣席に気兼ねなく乗車できそうですが、残念ながら、ペット用の座席を買うことは認められていません。

自由席でも同様に、ねこを座席に乗せるのは迷惑行為になりますので、注意しましょう。

なお、キャリーバッグの大きさについては、以下の決まりがあります。

●長さ70㎝以内で、タテ・ヨコ・高さの合計が90㎝程度
●重量はトータルで10㎏以内

もっとも、新幹線の場合は飛行機のように手荷物の重量を測ることはないので、極端に大きいバッグでなければ、そこまで厳密に守らなくても大丈夫でしょう。

ただし、「他のお客さまにご迷惑をおかけするおそれがある場合や列車が大変混雑している場合などは、持込みをお断りする場合があります」という注意喚起がされているので注意してください。

ホームで列車を待つ間の工夫

大きな音がする駅のホームでは、ねこが強いストレスを感じることもあります。

ホームで新幹線を待つ間はキャリーケースの上からタオルをかけ、なるべく音と視界を遮ってください。

座席についたら

最前列の通路側座席がとれればベスト

最前列の座席は足元のスペースが広く、乗車口から近く移動しやすいのもポイントです。

通路側の席がとれればベストです。

キャリーケースの置き場所について

キャリーケースは座席の足元に置いてください。

動かないように足で固定して、ねこの様子をときどき確認してくださいね。

鳴きやまないときはデッキに移動

愛猫が激しく鳴き始めたら、周りに迷惑がかからないようデッキへ移動しましょう。

その意味でも、デッキに近い最前列の席がとれれば都合がいいです。

キャリーケースにタオルなどをかけると落ち着くこともあります。

まとめ

ねこは環境の変化に敏感でストレスを感じやすい動物です。

新幹線に乗った場合、知らない場所や臭い、見たことのない人たちに怯えてしまうことがほとんどです。

飼い主さんには愛猫の苦痛を最小限にするために最大限の準備をしてあげてほしいと思います。

また、新幹線のすべての乗客がねこ好きとは限りません。

ねこへの配慮ももちろん大切ですが、ほかの乗客の迷惑にならないような配慮も大切です。

ブルドッグが飛行機に乗れない理由を解説
日本航空からJALペットファミリーというサービスが始まり、人間だけではなくペットでもマイルを貯めたり使ったりできる時代が到来しました。 しかし、犬の飛行機移動に関しては気圧の変化や熱中症の可能性など命に関わる大きなリスクが伴います。 ...
タイトルとURLをコピーしました