レンタル犬の仕組みと問題点を解説

スポンサーリンク
グッズ紹介

レンタル犬は時間制で犬をレンタルすることができるシステムです。

「ペット不可のマンションに住んでいる」「多忙で毎日世話ができない」「犬を飼ったことがなく自信がない」といった、さまざまな事情のあるペット好きの人が増えています。

レンタル犬のシステムはそれらの需要を受け止めるサービスとしてスタートしました。

そのほか、犬を飼う前に疑似体験をしたいという人や、犬を飼うことを検討しているけれど、どの犬種にしようか迷っている人にもおススメのサービスです。

レンタル犬が注目されている背景

レンタル犬は、犬を借りて散歩や世話を体験できるサービスです。

昨今、注目を集めているレンタル犬の人気事情を調べてみました。

飼いたいけど飼えない人の需要

諸事情でペットを飼えないけど、将来はペットを飼いたいという人は少なくありません。

実際にペットの散歩や世話をするのはどんな感じか知りたい人にとって、レンタル犬は有効なサービスかも知れません。

コロナウイルス流行の影響

コロナウイルスが流行し、外出しにくい環境になった影響で、ペット需要が高まっています。

「犬の散歩という名目があれば他人の目を気にせず外出できる」という意見もあるようです。

誰がレンタルしているのか

そもそもどこで犬をレンタルしているのでしょうか。

主に、ペットショップやドッグカフェがレンタルしています。

レンタル犬は全頭訓練済みなので、やんちゃすぎて手に負えないことにならないのが、初心者にもうれしいポイントではあります。

レンタルは犬の体調が最優先なので、対象犬の体調がすぐれない場合は急遽中止となる可能性もあることを頭の片隅に入れておきましょう。

標準的な料金プラン

レンタル犬のプランは様々で、数時間の散歩プランから最長1か月の宿泊プランまで用意されています。

【標準的な料金プラン】
●1時間1000円
●一泊2日で5000~8000円
●1週間で20000~25000円
●1か月で50000円程度

レンタル犬の問題点

動物をレンタルするというシステムにはいくつかの問題点も散見します。

犬慣れしていないペット初心者が乱暴に犬を扱う危険や虐待の可能性のほか、犬の感情を無視しているといった倫理的なアレルギー反応もあります。

犬の世話をするのは決して簡単なことではありません。

犬は人間のストレス発散の道具や遊び道具ではないといった意見はその通りでしょう。

実際に犬を飼っている飼い主さんからすれば、好意的な意見が聞かれないことも多いです。

まとめ

レンタル犬のシステムには賛否両論あります。

ここでも紹介したさまざまな課題があるのも確かですが、レンタル犬を体験してから犬を飼う自信がついて購入を決めたという飼い主さんが増えてきているというのも一方の事実です。

今後もコロナウイルスの影響で外出自粛ムードが長引けば、ますますレンタル犬の需要が増える可能性があると思います。

真面目な犬のファンを増やすという意味で、レンタル犬の仕組みにはプラスに働いてもらいたいものですね。

タイトルとURLをコピーしました