老犬の癌は何が原因?老犬が癌になってしまう原因とその予防法は?

現代日本の犬の死因ナンバーワンががんだといわれています。

もし愛犬ががんにかかってしまったら、治療についてどのように考えればいいのか悩んでしまいますよね。

治る見込みがなかったらどうしよう…だとか、老犬の癌の原因が知りたいという方はいませんか?

老犬といつまでも一緒にいたいという飼い主の方に、その予防法や治療法をご紹介したいと思います。

老犬の癌は何が原因?

老犬の癌にはいくつか原因があると言われています。

まずは、これらの原因があります。

  • 平均寿命の伸び
  • 犬種的な改質の偏り
  • 生活環境の変化

犬は7~8歳からガンにかかりやすくなる傾向にあるのですが、長生きする犬が増えてきているので、必然的に癌になってしまうことが多いと言われています。

2つ目の理由が、犬種的な体質の偏りができてしまったこと。これはひとつの犬種が流行することによってむやみに繁殖され、体の弱い犬が増えてしまう原因となっています。

そして3つ目の理由が、生活環境の変化です。

これは主に食事、土壌汚染などがあり、食事については、市販のフードやオヤツが普及したが、中には発がん性物質の入った、質の悪い製品もあります。

老犬の癌の症状は?

「早期発見が第一」とはいうものの、ガンは初期段階では痛みやかゆみなどの症状はありません。

また、転移したり大きくなってから初めて、各所を圧迫したり、痛みを引き起こす物質が出て来たりする影響から、症状が現れます。

こういった症状は進行してから出ないと目立ってきません。

たとえばいくつかの症状があります。

  • 痛み
  • 食欲不振
  • 体表に現れたおでき

いくつか症状がありますが、これらがみられます。

特に、体表に現れたおできは、ただのニキビのように見えてもガンの可能性があるので1~2センチのおできでもできるだけ早めの診断を受けるに越したことはありません。

老犬の癌の検査方法は?

1.異変に気付く
2.診察・検査
3.治療計画
4.治療開始

老犬の癌の検査方法です。

まずは、おできやしこりが見つかったら、動物病院では組織を取り出し、場合によっては近くのリンパも採って調べ、腫瘍かどうか、良性か悪性かを確認。

不明な場合は病理検査センターに送ることも。さらにMRIやCTをとり、転移の有無を調べ、治療計画を立てて治療を行います。

老犬が癌になった場合の治療法

老犬が癌になってしまった場合の治療法ですが、手術のみ行う場合や、手術+抗がん剤、手術+放射線治療+抗がん剤、抗がん剤のみなど、ガンの種類や進行状況によって異なります。

なお、検査でも100%調べきれないこともあるのです。

老犬の癌を予防するための方法とは?

老犬の癌の予防は、高たんぱく、低脂肪のドッグフードがおすすめです。

タンパク質は犬の器官を形成するのはもちろん、大事なエネルギー源です。

良質なタンパク質を取ることで、免疫力が高まります。

実は癌は糖質を栄養として増殖するといわれており、発症しやすくすると言われています。

このため、高たんぱくで低脂肪のものが推奨されています。

そしてオーガニックのものについては、化学物質たっぷりのものよりも、間違いなく癌を予防することができるといえるでしょう。

ドッグフードのタンパク質は非常に重要ですが、原材料の品質には気を配る必要があります。

ただ、高たんぱくで、品質が良く、そして低カロリーのものというと限られた商品になります。

そこで、高タンパク質で、さらに質が良い原材料を使っている、そして低カロリーのドッグフードをご紹介します。

1位 モグワンドッグフード

・全犬種・全ライフステージ対応
・原材料は全てヒューマングレード
・チキン生肉と生サーモンが主原料で動物性タンパク質50%以上
・グレインフリー(穀物不使用)
・着色料や香料などの人工添加物不使用
・生サーモン・サーモンオイル使用でオメガ3脂肪酸が豊富
・原産国はイギリス

ドッグフードランキングで人気なのがグレインフリー・生肉使用!プレミアムドッグフード『モグワン』
です。

モグワンドッグフードは人工添加物不使用のドッグフードです。

全犬種、全ライフステージに対応しているので子犬(パピー)から高齢犬(シニア犬・老犬)まで食べることができるドッグフードで、しかも原材料は全て人間が食べられるレベルのヒューマングレード。

犬が消化を苦手としている穀物不使用のグレインフリードッグフードで、日本よりもドッグフードの規制が厳しいイギリスで開発、製造されているので、安心して愛犬に与えることができます。

モグワンドッグフードはチキンとサーモンをメインに使用しており、動物性タンパク質はなんと50%以上と高タンパクです。

また、初回定期購入の1袋目は通常価格の50%OFFとお得にお試し感覚で購入できるのもモグワンドッグフードが人気の理由なのかもしれません。

1日1,000名様限定で、モグワン定期コースが初回1袋半額キャンペーンを実施中!通常価格3,960円のところ、初回1袋1,980円なので、ぜひ今のうちに!

モグワンドッグフードの公式サイトはこちら

2位 カナガンペットフード

・全犬種・全ライフステージ対応
・原材料は全てヒューマングレード
・チキンが主原料で動物性タンパク質60%以上
・グレインフリー(穀物不使用)
・着色料や香料などの人工添加物不使用
・サーモンオイル使用でオメガ3脂肪酸が豊富
・原産国はイギリス

イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』、そして猫用のほうが、イギリス最高級のグレインフリーキャットフード『カナガン』になります。

カナガンチキンは、全犬種、全ライフステージに対応しているので子犬(パピー)から高齢犬(シニア犬・老犬)まで食べることができます。

そして、香料や着色料などの人工添加物を使用していないドッグフードです。

原材料は全てヒューマングレードで、平飼いチキンをメインとした栄養たっぷりな動物性原材料を60%配合と高タンパク質。

さらに、ビタミンやミネラル豊富な野菜やハーブも40%配合するなど、美しい毛並みと健康的な身体を保つために理想のドッグフード・キャットフードといえます。

もちろん、犬が消化吸収を苦手とする穀物は一切使用していないグレインフリードッグフードで、100gあたり361.25kcalと低カロリーでとてもヘルシー。

日本よりもドッグフードの規制が厳しいイギリスの製造工場から直輸入したドッグフードで、品質管理が徹底しているので安全性が高いドッグフードです。

カナガンチキンの公式サイトはこちら

3位 ナチュロル

・全犬種・全ライフステージ対応
・原材料は全てヒューマングレード
・新鮮生肉(牛肉・鶏肉・馬肉・魚生肉)を55%使用
・グレインフリー(穀物不使用)
・犬に良くない33品を不使用、無添加
・高濃度安定・持続型ビタミンC配合
・新鮮生魚由来のオメガ3脂肪酸が豊富
・日本製

ドッグフードランキングで人気の高い国産ドッグフードが【ナチュロル】です。

ナチュロルは国産ドッグフードなので、日本製のドッグフードにこだわりたい方におすすめです。

海外産のドッグフードに負けないくらい高品質でこだわりをもっていて、全犬種、全ライフステージに対応しているのはもちろんグレインフリードッグフードです。

原材料は全てヒューマングレードで生の牛、鶏、馬、魚肉を55%以上使っていて、自然のうまさが引き立つような黄金バランス。

食いつきもよく新鮮で安心安全なドッグフードです。

また、ドッグフード業界の常識を打ち破る高濃度の安定・持続型ビタミンCで、健康な皮膚や毛並みをサポートし身体の内側から愛犬のの免疫力と健康を維持してくれます。

らくトク犬康コース(定期コース)は初回30gを100円でお試しできるので、偏食気味の愛犬やちょっと試してから購入したいという飼い主さんに人気があります。なんと、リピート率は驚異の96.9%です。

ナチュロルの公式サイトはこちら

まとめ

食べれば完全に癌を100%予防できるとはいえませんが、老犬にとってはやはり食事も癌の原因に関係してくるので、気を使うべきです。

毎日の食事が犬の体を作ると言われています。環境を変えることはできませんが飼い主さんは犬の食事を気遣ってあげることが出来ます。

万が一のことを想定しつつ、後悔することのないようにしませんか?

そして、老犬と一日でも過ごす時間をなるべく多く持てるようにしましょう。