セルカークレックスの特徴とかかりやすい病気を解説

スポンサーリンク
犬とねこ

セルカークレックスは突然変異で生まれた中型猫種で、くるくる、もこもことした柔らかい巻き毛が、この猫種の最大の特徴です。

被毛の長さはショート・セミロング・ロングなど種類が豊富です。

セルカークレックスの歴史

セルカークレックスは1987年に発見された極めてあたらしい品種です。

アメリカ・モンタナ州にあった動物保護施設で保護されていた5頭の子ねこの中のうちの1頭に、巻き毛のねこが見つかりました。

この巻き毛の子ねこを引き取ったというのが、ペルシャの繁殖家ジェリー・ニューマンという人物でした。

ニューマン氏は、巻き毛の子ねこと黒いペルシャを交配したところ、子ねこが6頭生まれ、そのうちの3頭が巻き毛でした。

巻き毛が遺伝的要素であることを確信したニューマン氏は、さらにペルシャやエキゾチックなどとの交配をすすめ、現在の形に固定したのです。

このあたらしい猫種は、動物保護施設のあるモンタナ州セルカーク山脈にちなんで、セルカークレックスと命名されました。

セルカークレックスの性格

セルカークレックスはもの静かなねこです。

飼い主さんの膝の上などに座ることを好み、愛嬌たっぷりですが、長期間構ってあげないとさみしさからストレスをためてしまうこともあります。

静かで落ち着いた性格と特徴的な巻き毛のため、「羊の皮をかぶったねこ」と呼ばれることもあります。

辛抱強く寛容な性格なので多頭飼育にも適し、初対面の人間や子どもの相手もそつなくこなすことができます。

セルカークレックスに非常に多い病気

セルカークレックスは基本的には頑健な猫種ですが、品種育成のため導入されたペルシャには遺伝性疾患が多いので、いくつかの素因を受け継いでいる可能性があります。

ただし、あたらしい猫種なので好発的な疾患については不明なことも多いと思われます。

多発性嚢胞腎

腎臓に袋状の嚢胞が多数発生して、腎機能が徐々に低下していく遺伝性の病気です。

初期には目立つ症状はありませんが、進行すると慢性腎臓病と同じような多飲多尿、食欲不振、嘔吐、脱水、貧血といった症状が現われます。

予防法や根本的な治療法はなく、投薬と食事療法で対処します。

日頃から飲水量や尿の量や体調をよく観察して早期発見に努めましょう。

尿石症

腎臓から尿管、膀胱、尿道の中に結石ができる病気で、結石は膀胱や尿道を傷つけたり、尿道に詰まることがあります。

食事の内容とともに、ねこがもともとあまり水を飲まずに濃度の濃いオシッコをすることが原因のひとつで、ねこ自身の体質の影響も大きいです。

尿道に結石が詰まると尿が出なくなる尿道閉塞が起こり、命に関わる危険な状態を呈します。

結石の種類や大きさによって対応は異なりますが、食事療法から摘出手術までさまざまです。

再発しやすい病気なので予防が大切です。

食事の内容の見直しや、ねこがオシッコを我慢することがないようにトイレ環境の整備も考えましょう。

皮膚病

巻き毛の猫の特徴として皮脂の分泌が多い傾向があります。

カールした抜け毛も体に留まりやすいため、皮脂を放置するなど手入れを怠ると「真菌症」や「脂漏性皮膚炎」「外耳炎」などを引き起こす原因になります。

しきりに体をかいたり体を擦りつけたりする様子が見られ、痛みが強くなると元気がなくなり触られることを嫌がります。

原因に応じた治療をおこないますが、早期に治療するほど負担が少なくて済みます。

まとめ

セルカークレックスは珍しい品種なので、国内のペットショップで出会える機会は少ないかもしれません。

ブリーダーさんを当たってみるといいでしょう。

セルカークレックスは幼年期には活発に運動しますが、成猫になると運動量が減って落ち着いた性格になります。

セルカークレックスの被毛の手入れは重要です。

かなり抜け毛の多い猫種で、特に夏場は抜け毛が多くなります。

したがってアレルギーのある人にはあまりおススメできません。

皮脂が多く抜けた毛が皮膚に残りやすいため、ブラッシングを毎日おこなって皮膚病を予防しましょう。

タイトルとURLをコピーしました