犬が尻尾を追いかける訳を解説

スポンサーリンク
ペットヘルスケア

子犬が自分のしっぽを追いかけてグルグルと回る光景は一見かわいらしくも感じますが、成犬がうなり声を上げながらしっぽに噛みつこうとする姿は、あまりよい状態とはいえません。

自傷行為によって体を傷つけてしまうことで、別の疾患の原因にもなってしまいます。

そこで今回は、犬がしっぽを追いかける原因と対処法についてご紹介します。

尻尾を追いかける理由

犬が自分の尻尾を追いかけてグルグルと回る場合、考えられる原因は以下の通りです。

退屈なのでひとりで遊んでいる

しっぽを追いかける行動自体は、「テイルチェイシング」と呼ばれるもので、特段珍しいものでもありません。

好奇心旺盛な子犬であれば、遊びの一種として自分のしっぽを追いかけたりしますし、成犬でもグルグル回りをして暇つぶしをしていることがあります。

尻尾やお尻に不快感がある

成犬でも、尻尾の付け根やお尻あたりに痒みなどの不快を感じてグルグルと尻尾を追いかけることがあります。

不快感が原因の場合、尻尾やお尻に炎症が起こっていないかなどをチェックしましょう。

てんかんの症状

頻度があまりにもひどいようなら注意が必要です。

尻尾を追いかける行動は、てんかん発作を発症している場合もあるので、症状が疑われる場合には病院で検査を受けさせてあげましょう。

ストレスを感じている

尻尾を追いかける原因で最も多いのがストレスによるものです。

自分の尻尾を追いかけてグルグル回ることで、ストレス発散を図っているのです。

犬には「常同障害」という心の病気があり、ストレス状態が続くことで、同じ行動を繰り返すようになってしまいます。

解決のためのスタンス

暇つぶしやパピーの行動であれば、ほとんど心配することはないでしょう。

てんかんの場合は、獣医さんに適切なアドバイスを受けてください。

ワンちゃんがストレス発散のためにグルグル回りをしている場合は、飼い主さんは間違った反応しないことが大切です。

叱ったり、笑ったりといった反応は、ワンちゃんを勘ちがいさせてしまうのです。

飼い主が何かしら反応すると、犬は「ほめられている」「かまってもらえている」と勘ちがいしてしまい、次からは飼い主の気を引くためにグルグルとしっぽを追いかけるようになってしまいます。

まとめ

グルグル回りの原因がストレスだと思われるケースでは、そもそもストレスの原因は何なのかを考えてみましょう。

ストレスを取り除いてあげることで、尻尾を追いかけることをやめさせられる期待が持てます。

あたらしいおもちゃを与えたり、普段よりも優しく問いかけてあげることによって、案外あっさり解決することもあるそうですよ。

タイトルとURLをコピーしました