ねこのスタッドテイルを解説

スポンサーリンク
ペットヘルスケア

スタッドテイルはねこに多く発症例がありますが、犬にも見られる病気です。

あまり知られていませんが、実はスタッドテイルは何度も再発してしまう厄介な皮膚病です。

スタッドテイルとはどんな病気か

ねこは尻尾の付け根部分に尾腺(びせん)と呼ばれる皮膚腺をもっています。

尾腺から脂肪酸や皮脂などを含む脂性の分泌物を常に出して臭いづけに使用していますが、スタッドテイルは、これらの分泌物が過剰になってしまう病気です。

去勢していないオスに多く見られますが、メスでも発症します。

ペルシャやヒマラヤンなどのほか、シャムにも発症例が多いといわれています。

スタッドテイルの原因

スタッドテイルは、去勢をしていない若齢のオスねこによく見られることから、ホルモンの影響があると考えられています。

また、長毛種のペルシャやヒマラヤンに多く認められることから、遺伝性だという指摘もありますが、原因ははっきりしていません。

ムシムシと暑くなる時期にスタッドテイルが増えるといわれているので、気候の影響もあるのでしょう。

スタッドテイルの症状

尾の付け根のところの毛がべたべたして固まり、臭いがきつくなります。

お尻を気にしてずっと舐める様子が見られます。

普段、飼い主さんが愛猫の手入れをしていて、背中を触ったときにベタつきを感じた場合は注意が必要です。

スタッドテイルになったねこは、毛を掻きわけると黄色や黒色っぽいワックス状の物質や黒いブツブツした物が付着していることが多いです。

尾の根元の皮膚がボタン状にボコボコができることがあり、その形態からスタッド(鋲)テイルと呼ばれています。

この状態を放置しておくと皮脂が毛穴に詰まって悪化し、細菌感染を起こして化膿してしまうこともあります。

スタッドテイルの治療

患部の被毛を刈り取りや消毒し薬の塗布をおこないます。

細菌感染を起こしている場合は抗生物質を投与します。

必須脂肪酸を与えると症状が軽くなることがあるので、フードに添加したり、サプリメントを摂取するとよい結果が出るかもしれません。

未去勢のオスは去勢手術をすると改善する場合がありますが、100%有効な対策というわけではありません。

日々の手入れとしては、汚れた脂分をこまめに洗い流すのがポイントです。

白い被毛のねこは、すぐに黄ばんできます。

通常はねこ用のスタッドテイル専用の抗脂漏性シャンプーを使いますが、脂分がひどい場合は人間用の石鹸やクレンジングオイルを使う方法もあります。

使用したあとはぬるま湯でしっかり洗い流しましょう。

シャンプーの後、ねこは自分でグルーミングをするので、すすぎはしつこいくらいしっかりおこなってくださいね。

まとめ

あまり聞き慣れない病気なので、実際に愛猫が発症してみないと状態がわからないかもしれませんが、スタッドテイルは一度発症すると再発を繰り返すことが多い厄介な皮膚病です。

スタッドテイルの治療は、抗脂漏性シャンプーで皮脂をコントロールするのが基本です。

お風呂が苦手なねこは大変だと思いますが、粘り強く治療してあげてください。

タイトルとURLをコピーしました