ねこの突然死を解説

スポンサーリンク
ペットヘルスケア

家族の一員として大切に育ててきたペットの突然の死は、飼い主さんにとって耐え難いほど悲しいものです。

たとえば、交通事故も突然死の原因のひとつです。

しかし、原因が病気であれば事情は少し違うかもしれません。

今回はねこの突然死について解説します。

フィラリア症

フィラリア症は蚊を媒介して犬糸状虫(フィラリア)という寄生虫が、犬の心臓の動脈や肺動脈に寄生して起こる病気です。

犬がフィラリア症に感染すると、アナフィラキシーショックや心臓発作を起こして死亡することがあります。

フィラリアと聞くと犬の病気だと思われがちですが、ねこにも感染する場合があります。

フィラリアは蚊を媒介してねこの肺動脈に寄生します。

肺動脈にフィラリアが詰まると、呼吸困難に陥り、ねこは突然死してしまうのです。

フィラリア症にはあまり症状がなく、ねこに感染することもあまり知られていないため、見逃されてしまうケースがあります。

ただし、犬と同様に、ねこもフィラリア予防をしておけば感染を防ぐことができます。

肥大型心筋症

ねこの心筋症には、肥大型、拡張型、拘束型の3つのパターンがあります。

そのなかでもねこに多いのが「肥大型心筋症」です。

心筋が分厚く肥大し、心臓が圧迫されて血流が滞り、心不全などの突然死を招く病気で、原因はわかっていません。

メスよりもオスに発症しやすく、遺伝的にメイクーンやラグドールが肥大型心筋症になりやすいとされていますが、すべての猫種に共通して多い病気でもあります。

残念ながら、心筋症を予防する方法はありません。

息苦しい、咳をする、四肢の麻痺などの症状から、徐々に容体が悪化して病気が発見される場合もありますが、無症状のまま突然死することもあります。

脳梗塞

脳梗塞は脳の血管が細くなったり、詰まることで脳に必要な酸素や栄養が送られず、脳細胞が壊死してしまう病気です。

人間同様、高齢のねこも脳梗塞になる場合があります。

嘔吐を繰り返したり、意識がなくなる、麻痺があるなどの症状が出ることもありますが、血管が詰まって突然死するケースも少なくありません。

高齢や肥満、ストレス過多が脳梗塞の原因とされているので、それらの対策が脳梗塞予防に繋がります。

アナフィラキシーショック

ねこの食品アレルギーを軽視してはいけません。

アレルギー症状としては、嘔吐や下痢、湿疹などがありますが、まれに急激に血圧が下がり意識をなくすアナフィラキシーショックに陥り、重篤化すると突然死する場合があります。

食品アレルギーの原因には、牛肉、豚肉、鶏肉、魚、卵黄、トウモロコシ、牛乳などがあります。

まとめ

どのような病気でも突然死の前には何らかの兆候があるはずです。

その予兆を知ることができれば、ひょっとすると回復する可能性があるかもしれません。

しかし、現実的には異変を感知することは難しいと考えられます。

ねこは本能的に、強い痛みを感じても、泣き叫んだり呻いたりせず、じっと痛みに耐えてしまうからです。

飼い主さんが兆候を発見するケースはむしろ稀有なケースかもしれず、結局のところ、突然死の対策としては定期的な健康診断以外に方法はないかもしれません。

 

タイトルとURLをコピーしました