西郷隆盛が愛した薩摩犬を解説

スポンサーリンク
犬とねこ

東京上野公園にある有名な西郷隆盛の銅像の隣には愛犬が付き添っています。

西郷隆盛像の隣にいる犬の像は、「ツン」という名前の薩摩犬ですが、実際のツンと像の犬が違うことについては、あまり知られていません。

ツンのモデルはどんな犬だったのか

上野の銅像の犬はオスですが、実際のツンはメスでした。

銅像がつくられたときには既にツンは亡くなっていて、その代わりとして薩摩出身の軍人である仁礼影範(にれ かげのり)という人物が飼育していた「サワ」という薩摩犬がモデルになったといわれています。

西郷隆盛の愛犬家エピソード

西郷は多いときで10頭以上の犬を飼育していたそうです。

肥満体質の西郷は、ドイツ人のホフマン医師のすすめで犬と一緒に山歩きやウサギ狩りをしていたようです。

当時は犬の飼育といえば狩猟が目的でしたが、西郷は散歩のお供にも必ず数頭の犬を連れていたそうです。

店や宿に行くと、西郷は犬に鰻や鶏鍋などを与えていたという逸話が残っています。

西南戦争が勃発した際にも数頭の犬を同行し、戦いが劣勢になった際には自分の食事を分け与えていました。

戦死を覚悟したとき、西郷は犬を戦場から解き放って逃がしました。

この犬たちは、西郷の死後に戦地で捕獲され、船で神戸まで運ばれたことが当時の新聞に報じられています。

地犬と薩摩犬の歴史

日本犬といえば、柴犬や秋田犬をはじめ6種類の犬種がありますが、このほかに特定の地域に古くから生きていた「地犬(じいぬ)」という日本固有種の和犬がいます。

地犬には、川上犬(長野県)、岩手犬(岩手県)、屋久島犬(鹿児島県)、美濃犬(岐阜県)、日向犬(宮崎県)大東犬(沖縄県)など10犬種ほどが知られています。

薩摩犬も地犬の一種で、古くから鹿児島県に生息していました。

ほとんどの地犬が絶滅してしまったか、あるいは絶滅寸前ですが、薩摩犬についてはすでに血統が途絶えているので、残念ながら現在では実物を見ることはできません。

薩摩犬はイノシシ狩りの猟犬として活躍していましたが、明治以降、洋犬との掛けあわせが増えて純血種が減り、1920年(大正9年)頃には純血種が消滅したとされています。

薩摩犬の特徴

薩摩犬の大きさは柴犬と同じくらいです。

目は黒く、耳は整った三角形でピンと真上に立っています。

尻尾は「指し尾」と呼ばれ、柴犬のような巻尾ではなく、まっすぐに伸びているのが特徴です。

薩摩犬の被毛の色は、子犬の頃は茶色なのですが、成長するに伴って、少し黒い褐色の「黒毛胡麻」に変化します。

泳ぎが上手で、柴犬や秋田犬と同様、飼い主さんに忠実で、あまり吠えません。

まとめ

西郷隆盛と愛犬の銅像は頭にイメージできても、それが薩摩犬という猟犬だったということを初めて知った人も多いのではないでしょうか。

残念なのは薩摩犬がもう幻となってしまったことです。

幻とされていた純血の薩摩犬でしたが、1990年ごろ鹿児島県の甑島に薩摩犬の血筋を濃くもつ犬がいることが判明しました。

鹿児島県内の愛犬家や獣医師などが薩摩犬を復活させる保存会を立ち上げ、2000年頃には100頭近くまで薩摩犬が復活しました。

しかし、その繁殖活動も下火になり、残念なことに2010年頃には、再び薩摩犬は絶滅してしまいました。

 

タイトルとURLをコピーしました