ねこに芸を教える方法を解説

スポンサーリンク
グッズ紹介

犬に芸を教えるのは珍しいことではありませんが、ねこにも芸を覚えさせることができるんです。

知能や性格に個体差が大きいので、全てのねこが芸を覚えるわけではありませんが、一度チャレンジしてみても面白いかもしれません。

ねこに芸を教えるポイント

ねこは犬とは性格が異なるので、その習性に合わせたトレーニングが必要です。

ポイントは、「音」と「おやつ」です。

クリッカーを使用する

おやつを見せながらクリッカーを鳴らし、音と同時におやつを与えます。

これを繰り返すことによって、ねこはクリッカーの音とおやつを関連づけ、クリッカーの音がすると、いそいそと喜んでくるようになります。

要するに、ネコ缶を開ける音でねこが飛んでくることと同じ原理です。

しつけに応用

これを継続することによって、クリッカーの音が褒め言葉のように「良いこと」に結びつき、さまざまなしつけに有効に働きます。

簡単な芸にチャレンジしよう

クリッカーを利用して、比較的覚えやすい「お座り」と「お手」にチャレンジしてみましょう。

いずれも根気よく繰り返すことが肝心です。

ねこにお座りを教える方法

「お座り」は、比較的難易度が低い芸だと思います。

まず、ねこにおやつを見せながら、おやつを頭の上などに持っていきます。

お座りのポーズをとったらクリッカーをカチッと押すと同時に、おやつを与えます。

この行動を何回も繰り返して、お座りをするとおやつがもらえることを教えます。

ねこにお手を覚えさせる方法

お手を覚えさせる前に、まずお座りを覚えさせましょう。

お座りを覚えたら、その状態から手を上げさせるようにおやつを目の前で動かして、お手の形になったらクリッカーを鳴らして、おやつを与えます。

すると、「おすわりのあとにお手をすると、さらにおやつがもらえる」とねこが覚えてくれます。

さらに高度な芸にも挑戦

ねこを使ったサーカスといえば、「ボリショイサーカス」や「シルク・ドゥ・ソレイユ」が有名ですよね。

ねこたちは、人間が持つ細い棒のてっぺんまで登って行ったり、人間の足の間をくねくねと通り抜けたり、輪くぐりするといったかわいらしい芸を見せてくれます。

「お座り」「お手」を覚えたねこちゃんには、さらにクリッカーを活用して、楽しみながらこれらの高難度の芸にも挑戦してみましょう。

ねこに芸を教えることは動物虐待か

ときどきサーカスの動物プログラムは動物虐待だという主張が見受けられますが、けだまじるしとしては、必ずしもねこには当てはまらないのではないかと思います。

人間が強制的にねこに演技を教えることは難しく、ねこは自分が面白いと思わないと動かないからです。

したがって、ねこはおやつに釣られることも遊びの一環で、楽しんでやっているのだと思います。

まとめ

「お座り」「お手」の芸を覚えさせると、ご飯の時にとても役に立ちます。

それだけでなく、ねこに芸を教えるもうひとつのメリットは、芸を通してねことコミュニケーションをとることができる点にあります。

芸を教えたり、おやつをもらったりすることによって、ねこは飼い主さんにたくさんかまってもらえていると感じ、信頼関係も築きやすくなると思います。

ぜひ一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました