犬と比較して暑さに強いねこにも限界がある理由を解説

スポンサーリンク
ペットヘルスケア

ねこの祖先はアフリカ大陸やアラビア半島に生息しているリビアヤマネコです。

ねこは乾燥に強く、ある程度の高温に耐えられる体の構造をしています。

ねこがあまり水を飲まないのも、かれらの祖先が砂漠で生活していたことに起因しています。

しかし、ねこが暑さに強いといっても限界があります。

日本の真夏の環境は、ねこにとっても相当過酷です。

ねこも熱中症に注意

熱中症の原因

気温が高い時に締め切った室内に閉じ込められたり、長時間暑い場所から移動できない状態が続いた場合に、ねこは熱中症になる危険があります。

ねこは人間とは異なり、肉球以外では汗をかくことができません。

したがって、高温によって体温が急激に上がると、すぐに体温を下げることができないのです。

ねこの熱中症の症状

ねこの熱中症の症状には次のようなものがあります。

これらの症状が出た場合は、すぐに体を冷やしたうえで動物病院に行きましょう。

●ハアハアと口で息をする(パンディング)
●目が充血する
●元気がなく、ぐったりしてふらふらと歩く
●嘔吐やよだれが出る
●血尿や血便が出る
●舌や粘膜の色が変わり(チアノーゼ)、痙攣発作を起こす

ねこの熱中症対策

室内の空気の循環がポイント

ねこの熱中症対策で一番重要なポイントは、部屋の空気を循環させることです。

普段、ねこが暑さをしのいでいる方法はいたってシンプルです。

ねこを観察していると、玄関口やフローリングの床など、家の中で一番涼しい場所を自分で勝手に見つけて、体を伸ばしてじっとしていることがわかります。

体を丸めるよりも伸ばす姿勢をとったほうが涼しく、被毛を舐めてグルーミングすることによって唾液で濡れた被毛が気化熱の効果によって体温を下げているのです。

エアコンを使用しよう

しかし、密閉された空間にいると、ねこは暑さからの逃げ場所を見つけられない場合があります。

集合住宅で室内飼いをしている場合はエアコンを使用しましょう。

エアコンの設定温度は26~28度がおススメです。

室温が35度以上になると、人間だけでなくねこにとっても大変危険な状況になります。

外気温が30度以上になりそうな日には必ず冷房を使用しましょう。

暑さに弱いねこもいる

持病があるねこ、子ねこや高齢猫、肥満のねこは、暑さや寒さに弱い傾向があります。

また、鼻ぺちゃのペルシャやヒマラヤン、エキゾチックなどの短頭種は呼吸による体温調節が苦手です。

メインクーンやノルウェージャンフォレストキャットなどの大型の長毛種はもちろん、被毛が密集しているアメリカンショートヘアなどの短毛種も暑さに苦手な傾向があります。

まとめ

とくに集合住宅で室内飼いをしている場合は、夏場は必ずエアコンを使いましょう。

ねこが自分で涼を取れるように猫グッズを利用するのも良いアイデアです。

部屋では遮光カーテンを使用したり家具で日光を遮ったりして日陰をつくり、直射日光が当たらない場所を確保してください。

また充分な給水ができる環境も整えてあげましょう。

タイトルとURLをコピーしました