歯磨きガムの効果と注意点を解説

スポンサーリンク
グッズ紹介

愛犬の健康のためには、日ごろからの口のケアが大切です。

ところが、歯磨きを嫌がるなど、歯みがき習慣づくりに苦労しているという飼い主さんも多いと思います。

今回は、おいしく噛むことで歯垢の除去や汚れを落とす効果がある犬用の歯磨きガムの効果と使い方を解説します。

犬にとって重要な口腔ケア

犬に歯磨きが必要なわけ

そもそも、犬に歯磨きが必要ないと考えている飼い主さんがいるかもしれませんが、大きな間違いです。

むしろ犬は人間よりも歯垢が歯石に変わるスピードが速いため、何も対策をしないと健康課題が出やすいのです。

歯磨きガムの効果は?

歯磨きガムを噛むことによって、歯に付着した歯垢を落とすことができ、口臭を軽減する効果が期待できます。

効果的な歯磨きガムの選び方と使い方

硬すぎるガムには注意が必要

硬いガムのほうが歯磨き効果が高そうなイメージがありますが、これは危険な勘違いです。

犬の歯は案外もろく、硬いものを噛むと奥歯が割れたり、歯がすり減ることがあるのです。

また、硬すぎるガムは歯がしっかり食い込まないので、歯垢を落とす効果を発揮しにくいといわれています。

効果の高い歯磨きガムの特徴

歯磨きガムを選ぶ際には、程よい硬さと弾力性を持ったものがおススメです。

噛んだ時に歯によく当たり、歯垢をかき取る工夫がされているものを選びましょう。

そのほか、愛犬が毎日喜んで食べられる嗜好性の良さも重要です。

効果的な歯磨きガムの与え方

歯磨きガムを与える時には、飼い主さんが手に持って噛ませましょう。

普通のオヤツのようにポイッと渡してしまうと、すぐにバリバリと噛んで食べてしまったり、噛まずに丸飲みしてしまうこともあります。

これでは、歯磨き効果が期待できません。

ガムを噛ませる時は、上顎の奥にある大きな奥歯(第4前臼歯)にガムが当たるように意識しましょう。

この歯は犬がものを食べる時に使う最も重要な歯です。

口の横からガムの先を差し入れ、噛んで食べさせながら少しずつ奥へ送っていきます。

左右バランスよく切り替えながら、最後まで手に持ってしっかり噛ませましょう。

歯磨きガムを与える頻度

歯磨きガムは、製品の表示を守って1日1本毎日与えるようにしましょう。

歯垢が歯石になるスピードは、人間の場合は25日ですが、犬は3~5日です。歯石はハブラシで磨いても落とすことができないので、動物病院での処置が必要になります。

したがって、歯垢が歯石になってしまう前に、毎日ケアをすることが大切です。

歯磨きガムを飲み込んでも大丈夫?

歯磨きガムは、食べられるオヤツとして作られているので、噛んだ後に飲み込んでも大丈夫です。

ただし、よく噛まずに丸飲みしてしまうと、のどに詰まる恐れや消化に負担をかける危険があるので、必ず飼い主さんが手に持って与えてくださいね。

歯磨きガムは万能ではない

歯磨きガムはオヤツとして噛むことで歯磨きができるので、ハブラシを嫌がる犬にも受け入れられやすい簡単なケアですが、あくまでも補助的な手段だということを知っておきましょう。

歯垢の除去や口臭の軽減などの効果は、あくまでも噛んだ部分だけに働く効果であって、口腔内の汚れや歯垢を完全に落としきることはできません。

したがって、歯磨きガムだけではなく、ハブラシによる本格ケアと合わせて口腔ケアをおこなうことが重要です。

まとめ

さまざまな効果が期待できる歯磨きガムですが、歯の汚れを完璧に落としきる万能グッズではありません。

したがって、愛犬の歯の健康のためには、やはり歯磨きが一番有効だということになります。

とはいえ歯磨きを慣れさせるのはなかなか大変なもの。

口周りを触られるのを嫌がる子が多いので、歯磨きガムを手持ちで与えることを続けて慣れさせてから、徐々に歯磨きにも挑戦してみるといいでしょう。

 

タイトルとURLをコピーしました