トリマーが長続きしない理由を解説

スポンサーリンク
グッズ紹介

定期的に愛犬の毛をカットしてもらうためにトリミングサロンにお世話になっている飼い主さんも多いでしょう。

傍から見ると楽しい現場のようにも感じますが、実際にはトリマーさんがすぐに仕事を辞めてしまうことが常習化しています。

トリマーさんがすぐに仕事を辞めてしまう現状

トリマーになっているすべての人が、大好きな犬をキレイにしてあげたい強い思いからこの職業を選んでいます。

しかし、そのような強い思いを持っていても、どうしても辞めざるを得ない理由があるのです。

離職原因の多くは過酷な現場にある

雑用仕事が多いから

仕事についたばかりの新米トリマーさんの場合、トリマーとしての仕事をなかなか任せてもらえません。

1年間シャンプーだけの担当や本業以外の事務作業を任されるなど、理想と現実のギャップに耐えられずに辞めてしまう若い人も多いようです。

体力的に過酷だから

犬のカットは重労働です。

トリマーの仕事の基本は、犬のシャンプーやカット、ドライなどですが、犬を抱きかかえおとなしくさせている状態で、安全にトリミングをおこなわなければなりません。

30㎏以上の大型犬をトリミングするケースもあります。

それに加えてトリミングの現場というのは、犬のオシッコやウンチ、ヨダレにまみれた過酷な状況にあります。

仕事が終わる頃には犬たちの獣臭と毛にまみれ、トリマーさんの口や髪の中には犬の毛が入り込みます。

重労働に耐えられず、体調を壊して続けられなくなるなど、体調面で泣く泣く辞めざるを得ないトリマーさんも多いです。

精神的なプレッシャー

トリマーさんたちは、神経を研ぎ澄ましケガをさせないようトリミングをおこなっています。

仕事ですから当たり前のことではありますが、緊張が長時間、毎日続くことによって、精神的に追い詰められてしまう人も少なくありません。

また、人とのコミュニケーションが苦手でペット業界に入る人も多いのですが、実際に仕事をしてみると飼い主さんとのコミュニケーションが重要だということがわかり、人づきあいが苦手な人は辞めてしまう場合も多いようです。

給料が安いから

トリマーの平均年収は約230万円(月収15~20万円)になるようです。

体力的にも精神的にも厳しいため、収入が労働に見合っていないと感じて離職するトリマーさんは多いです。

そのほかの離職原因

結婚や出産

最近は男性トリマーも増えてきましたが、圧倒的に女性が多いです。

専門学校を卒業して就職し、ようやく仕事を任せられるようになる頃には寿退社をする人が多いのです。

動物の仕事は体力戦ですから、子供を授かりたいと思う人は職場を離れていきます。

逆に、異性との出会いが少ないのでそれを気にして辞める女性トリマーもいます。

独立開業するケースも

ある程度技術を修得し独立開業するために現職を離れるケースも多いです。

向上心のあるトリマーさんの場合、自分が属している会社や店舗の経営方針やサービスに不満が生まれ、個性を出したいという想いが強くなるのでしょう。

まとめ

普段、何気なく利用しているトリミングサロンで働くトリマーさんたちは、日々大変な仕事を責任感をもっておこなっています。

苦労が多い仕事ですが、犬はかわいいし、飼い主さんとの話も楽しく、努力の数だけ技術が向上していくことが、トリマーさんたちのモチベーションにつながっています。

飼い主さん側としても、ときにはこのようなトリマーさんの優しい気持ちや苦労に思いを馳せてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました