ねこは偏食すぎて餓死する場合もある説を解説

スポンサーリンク
ペットフード

ねこは食事に関する好みがうるさい動物です。

それまで好んで食べていたフードを急に食べなくなったり、フードを替えたときに一切食べなくなると心配になります。

偏食が過ぎて餓死するねこ

偏食がひどく、好きな時間に好きな物だけ食べるという食事スタイルが定着してしまうと、改善するのは大変です。

偏食が一時的なものに留まらず、長期間にわたって食べ物を口にせずに最終的に餓死してしまうねこもいるそうです。

尿石症の治療のために療法食を与えていたケースで、一切フードを食べてくれずに衰弱死してしまったという話を耳にしたこともあります。

偏食になる理由

幼少期の習慣

ねこの食事の好みは、幼猫のときに何を口にしたかで決まります。

子ねこの時期は自分の好きな食べ物ばかりを欲しがり、放っておくと自分の好きなものを好きな時間に好きな量だけ食べるという生活に慣れてしまいます。

たとえば離乳後にドライフードしか食べなかったねこは、大人になってからもウェットフードを嫌う傾向があるといいます。

フードのニオイ

ねこは自分が嫌いなニオイがするフードは食べません。

肉食のねこは、食事のニオイを嗅いで、それが腐っているかどうかを確認しています。

したがって、たとえば酸味があるニオイがするフードは、本能的に食べるのを避けます。

ねこが柑橘類を嫌う理由も、このあたりにあると考えられます。

決まった食事に固執するねこと新しモノ好きなねこ

両極端の食事の嗜好をもつねこがいます。

危険な食事を避けるという本能から一種の食事だけに固執するねこと、決まった餌と運命を共にすることを避けるために決まった食事を嫌うねこがいるのです。

前者は決まったフードしか食べず、後者は同じフードが続くことを嫌います。

病気や環境変化

夏バテで食欲がなくなったり、病気が原因で偏食になることもあります。

消化器系統の病気だけでなく、鼻炎によってニオイを嗅げないことが原因で、フードの好みが変わることもあります。

引越や模様替え、同居猫が家に来たり、食事の容器が変わるなどの環境変化が起きると、不安になって偏食になることもあります。

最新の研究から

ある科学雑誌に、ねこと人間では苦味の感じ方が違うという研究結果が発表されました。

ねこが苦みを感じることは確かなのですが、実験によると、ねこに人間が苦いと感じる食べ物を食べさせても、ほとんど反応がないというのです。

ただし、今のところ、ねこの感じる苦みがどのようなものかはわかっていないそうです。

ひょっとすると、ねこが感じる「独自の苦み」が偏食の原因なのかもしれないですね💦

偏食をなくすための工夫

ねこはフードを替えた場合に、全く口にしてくれないことがあります。

そんな時に、すぐに好きな物を与えてしまうと、ねこは少し我慢すれば自分の好きな物をくれると学習してしまいます。

少しかわいそうに感じますが、あたらしいフードを与えてから15分ぐらい食べるかどうか様子を見て、食べないようであれば一旦下げて、1時間後ぐらいに再び出してみましょう。

ねこはかなりお腹が空いているので、諦めて新しいフードを食べてくれることもあるようです。

ねこの嗜好はそれぞれです。

最初はねこの好きなフードとあたらしいフードを混ぜて与え、慣れてきたらあたらしいフードを徐々に増やしていく方法もあります。

あるいは、いつものドライフードをふやかして食感を変化させて飽きないようにするなど、様々な工夫をしてみましょう。

まとめ

病気以外の多くの場合、偏食は子ねこの頃からの癖が原因です。

成猫の偏食の矯正は難しいですが、あの手この手で偏食をなくすための工夫を試みましょう。

あまり悲壮感をもたずに、楽しんでチャレンジしてみてください。

偏食は絶対に直せます。

グレインフリーキャットフードのメリットとデメリットを解説
グレインフリーという言葉を聞くと、なんだか健康によさそうなイメージが浮かんできますが、どのような特徴があるのでしょうか。 安易に飛びつくのではなく、グレインフリーフードの正しい意味を知ったうえで、愛猫の食事に取り入れるべきかどうかを判...
タイトルとURLをコピーしました