冬の乾燥と犬の結石症を解説

スポンサーリンク
ペットヘルスケア

家族と一緒に室内で生活しているペット達は寒さに弱い子が多いです。

冬になると、寒さが苦手なワンちゃんがストーブの前に陣取る姿がよく見られます。

本来は寒さに強いといわれている犬も、子犬の頃から室内で生活していると、寒がりになってしまいますよね。

ところで、暖房による部屋の乾燥が犬の健康に悪影響を与えることについて、注目している飼い主さんは少ないのではないでしょうか。

暖房による乾燥の影響

寒い時期になると、室内で暖房器具などを使うケースが増えます。

冬は寒さばかりに気を取られがちですが、実は乾燥にも注意が必要なんです。

犬の肌は乾燥が苦手

犬の皮膚は角質層が人間よりも薄いので、皮膚の表面が暖められると、どんどん水分が蒸発していきます。

空気が乾燥すると、人と同じように犬も皮膚がカサカサし、フケが出たり体に痒みが出ます。

アトピー性皮膚炎などの持病をもつ犬は、乾燥によって症状が悪化する心配もあります。

また、乾燥によって肉球がひび割れするケースもあります。

呼吸器疾患のリスクが高まる

乾燥した空気が口や鼻に入ると気道の粘膜が刺激され、副鼻腔炎や咽頭気管支炎などの呼吸器系の病気を引き起こすことがあります。

とくに、免疫力が低い子犬やシニア犬の管理には注意しましょう。

ドライアイにも注意

皮膚だけでなく目も乾燥しやすく、角膜や結膜が炎症を起こしてドライアイを発症するリスクが高まります。

シー・ズーやフレンチ・ブルドッグ、パグなどの目が飛び出ている犬種は、普段以上に目の健康に気を配ってあげましょう。

動物病院では保湿用の点眼薬も処方してくれるので、冬場のワンちゃんが目の異常を訴えている場合は相談してみてください。

犬にとって最適な温度と湿度

犬種や年齢にもよりますが、一般的には室内の温度は22~23℃、湿度は50~60%くらいが、快適な環境だといわれています。

子犬や高齢犬、病気で体力が衰えているワンちゃんの場合は、部屋を暖かめにしてみましょう。

乾燥しすぎる部屋には加湿器を設置するなどして湿度調整をしてください。

ただし、湿度が高くなりすぎると室内にカビが増殖しやすくなり、ワンちゃんの呼吸器や皮膚にカビの感染症やアレルギー症状を起こすことがあります。

犬の居住空間には温度・湿度計を設置して、様子を見ながら調節できるといいですね。

水を飲まなくなることの危険性

部屋の乾燥によって体内の水分が減ってしまえば、水を飲んで補給するしかありません。

これは人間でも同じなのですが、夏のように体感温度が暑いときは水分補給の必要性を感じますが、気温が低いと水分を必要としなくなります。

その結果、体内の保有水分が減少し、血液や尿が濃くなっていきます。

尿路結石ができるメカニズム

慢性的に体内の水分量が不足してくると、尿路結石ができやすくなります。

尿の成分が濃縮されると、ミネラル分であるシユウ酸やリン酸がカルシウムやマグネシウムと結合してシユウ酸カルシウムやリン酸化合物(ストルバイト)の結晶を生成します。

通常であれば、結晶はふたたび尿に溶けて排出されますが、結晶が大きくなると溶解せずに尿路に詰まってしまうのです。

まとめ

冬の時期でも、愛犬には積極的に水分補給をさせましょう。

水をあまり欲しがらない場合は、ドライフードをお湯でふやかして与えてください。

あるいは犬専用のハイポトニック飲料などがありますので、試してみましょう。

ペットのための乾燥対策は飼い主さんの乾燥対策にもなります。

家族皆さんで健康に冬を乗り切ってくださいね。

タイトルとURLをコピーしました