絶対に犬にキシリトールを与えてはいけない理由を解説

ペットヘルスケア

犬には絶対にキシリトールの入った食品を与えてはいけません。

なぜなら、その成分は命に関わる場合があるからです。

キシリトールとは

キシリトールの原料は、シラカバやトウモロコシの芯などから抽出されるキシラヘンヘミセルロースという糖アルコールの一種です。

キシリトールは虫歯予防に効果のある甘味料として、ガムなどのおかしや歯磨き粉に多く使われ、人間にとっては有益な成分ですが、ワンちゃんにとっては危険な物質です。

犬がキシリトールを食べてはいけない理由

犬にはキシリトールを絶対にあげてはいけません。

その理由について解説していきます。

低血糖症をおこす可能性

犬がキシリトールを食べると、膵臓からインスリンが過剰に分泌されます。

その結果、血糖値が急激に減少する重い低血糖症を呈します。

低血糖症になると、ぐったりする、痙攣、挙動がおかしいなどの症状が出て、最悪の場合は命を落とすこともあります。

急性肝不全をおこす可能性

低血糖症が重篤化して急性肝不全を起こしてしまうケースもあります。

こちらも、最悪命を起こしてしまうこともある恐ろしい症状です。

致死量と中毒量

具体的な量については、犬種や体の大きさ、体質によっても違うため一概にはいえませんが、

かなり少ない量でも症状が出るといわれているので、注意が必要です。

小型犬の場合は、たった一粒のガムを噛んだだけでも中毒症状を起こすケースがあるそうです。

また、中毒症状は一時間以内に重篤化してしまう恐れがあります。

キシリトール中毒の症状

キシリトール中毒の初期症状としては、嘔吐や下痢が考えらます。

重篤化すると痙攣発作や昏睡に陥る確率が高いので早急な対応が必要です。

誤飲をした場合は、症状が出ていなくてもすぐに動物病院に連絡を取りましょう。

キシリトールが含まれている食品

キシリトールガム、のど飴など

ガムには粒ガムや板ガムなどさまざま形状がありますが、中でも注意が必要なのはボトルガムです。

犬の手の届くところにボトルガムを置いておくと、いたずらをして一気に食べてしまう危険があります。

また最近では、嗜好品だけでなく、虫歯対策を目的として、キシリトールを多く含有している食品も数多く出回っています。

チョコレート

チョコレート自体が犬にとって有害な食品ですが、清涼感をプラスしたり、虫歯対策を目的として、ミントやキシリトールが添加されているものがあります。

歯磨き粉

キシリトール入りの歯磨き粉は食べ物ではありませんが、人間が口に入れるものなので、犬が興味をもって口にする危険があります。

犬がキシリトールを食べてしまった場合は

もし可能であれば、胃の内容物を吐かせられるといいのですが、現実的には難しいでしょう。

早急に動物病院に行くことが肝心で、その場合は現在の愛犬の症状や、もしわかれば、食べてしまったキシリトールの種類や量を伝えられるといいと思います。

まとめ

「犬にとって、キシリトールが怖いものだなんて知らなかった」という飼い主さんも大勢いるのではないでしょうか。

これを機会に、キシリトールの取り扱いに注意を払うようにしてくださいね。

ガムや歯磨き粉の保管場所は、犬の手が届かないところですか?

 

タイトルとURLをコピーしました