ベルギー・イーペルのねこ祭りを解説

スポンサーリンク
グッズ紹介

ベルギーのイーペルという街で、ねこの祭りが開催されています。

祭りのメインイベントであるパレードには、ねこや魔女、ネズミ、あるいは昔の市民など、人びとがさまざまな扮装をして参加するほか、巨大な山車(だし)が登場します。

今回はこのユーモアたっぷりの祭りの魅力を解説します。

イーペルのねこ祭り(カッテンストゥッツ)とは

ベルギーの首都ブリュッセルから西へ150km離れた町イーペルで、「カッテンストゥッツ(ねこのパレード)」という祭りが開催されています。

この祭りは3年に一度、5月の第二日曜日に開催されるもので、人びとは個性あふれる扮装をしたり、体中に色鮮やかなペイントをして町を練り歩きます。

ねこを象ったお菓子が売られていたり、ねこグッズでデコレーションされたカフェが登場するなど、町中がねこに囲まれ、祭りの期間中、町には甘いものとコーヒーの香りが漂います。

カッテンストゥッツの背景

中世の魔女狩り

イーペルは人口4万人が暮らす小さな町ですが、古くから毛織物産業が盛んでした。

かつてイーペルでは、毛織物を保管する倉庫の塔からねこを投げ捨てて殺す風習があったといわれています。

「ねこ投げ」の起源については様々な伝承があります。

中世の西欧では、ねこがペストの流行の原因になったと考えられていました。

そのほか、魔術や魔女とも関連があり、ねこ投げは悪霊の殺害を象徴する儀式であるとされていました。

カッテンストゥッツの始まりは第二次大戦後のこと

カッテンストゥッツは、それほど歴史のある行事ではありません。

1938年に、「ねこ投げ」の儀式の歴史を知ったミサの侍者の少年たちが町をパレードし、教会の鐘楼からねこの人形を投げ落としたことが祭りのきっかけになったといわれています。

そして第二次大戦後、1955年にエキストラ1500人がゴージャスな衣装をまとって町をパレードしたのが、現在のカッテンストゥッツの始まりです。

カッテンストゥッツのパレードの見どころ

カッテンストゥッツのパレードでは、イーペルの歴史を表現する出し物が披露されます。

壮観な15,000匹のねこのパレード

パレードの参加者は、さまざまな扮装をしていますが、メインのパレードに登場するねこの数は15,000匹にのぼります。

あどけなさが残る子ねこや、セクシーな黒ねこ、世界各地で人気のねこのキャラクターなど、子どもから大人までが様々なねこの仮装をして練り歩きます。

フロート(山車)が登場

フロートと呼ばれる山車は、毎年あたらしいデザインのものが登場します。

パレード終盤を飾るのは、黒ねこの王様シープルと白ねこの女王ミケーネの巨大な山車です。

伝統儀式の「ねこ投げ」で運試し

カッテンストゥッツのクライマックスにおこなわれるのが、ねこ投げです。

町の中心部の鐘楼の上から、赤と白の2色に身を包んだ道化師がねこのぬいぐるみ(ラッキーキャット)を下の観客に向かって投げます。

このぬいぐるみを見事キャッチすると願い事が叶うといわれているため、祭りで一番の盛り上がりをみせます。

カッテンストゥッツのフィナーレを飾るのは、魔女裁判と火あぶりの刑の寸劇です。

中世時代に実際におこなわれていたとされている魔女裁判をもとに、魔女の疑惑をかけられた女性と司祭が登場します。

物々しい雰囲気のなか、観客が取り囲む祭り会場の中心に火あぶりの刑の準備が整えられ、魔女をかたどった人形が炎の中に入れられます。

まとめ

ねこのパレードが練り歩くイーペルの町は、ヨーロッパらしい古さとあたらしさの両方を合わせもっています。

カッテンストゥッツは3年に一度に開催されます。

次回は2021年5月9日の日曜日に第46回目の祭りが開催される予定です。

ルーツをたどれば、ペストの流行をひとつのきっかけとして始まったともいえるカッテンストゥッツですが、今回のパンデミック下では無事開催できるでしょうか…。

タイトルとURLをコピーしました